file_key_w.gifログイン tmp_icon_i_12.gifマイページ tmp_img259.gifレイアウト

ブログ 2009/4

次へ>>

気持ち[2008年度]

投稿日時:2009/04/28(火) 21:17

いつかの練習後に野口さんが言っていた。

「気持ちで負けるな」


そんなの分かってるよ、高校のころ何度も試合前に言われたし

と思ってる新入生の君。


君の考えを否定するわけではないが

この言葉の重みはラグビーと他のスポーツでは

はるかに異なる。


コンタクト(ぶつかり合い)のあるスポーツでは

試合中に何回か、もしくは何十回か正面衝突する機会があるだろう。

そこで普通の人間ならこう考える。

「こいつははたして俺より強いのか」


ここであえて強いという定義を明確にすることはしない。

それは、夜の街などを歩いている外国人をみて

「うわ、強そう」

と誰しも思ったことがあるだろうからだ。


そして試合中のその時、相手を見て心の中で

相手>自分

という不等式が浮かんだ瞬間

意識とは逆に、本能でスピードが落ち

相手にずるずる引きずられながら前進されてしまう。

最悪一発で抜かれてしまう。 






ここで大きく視点を変えてみる。

どうしたらそういう強い奴を止められるのか。

自分(気持ちがのっている自分)はその瞬間何を考えてるのかと言うと




たぶん何も考えていない。

無心。

あえて言うなら

そいつの持つボールを自陣のトライラインに近づけさせない事のみ。



試合前にテンションをmaxまでもっていき

試合中は相手が誰だろうとか考えずに

ただがむしゃらにボールを追い続ける。

ボールを奪う。ボールを前へ運ぶ。




それが自分のベストな状態の気持ちだと思う。

だから明日は熱く、かつ冷静に戦おうと思う。





心技体、すべてを完璧な状態にして明日の試合





気持ちで勝ちましょう






では次回は公式戦初先発、1番新井くんに試合の感想などを語ってもらいましょう

先日アディダス牧場に行ってきました。[2008年度]

投稿日時:2009/04/27(月) 18:33


前回、

2年小島がリレー日記のバトンを回さずそのまま感動のゴール、

見事に銀メダルを獲得、引退してしまったので、無念の箱根駅伝、繰り上げスタートとなりました。


どうも。新歓中、2つの意味で足引きずることでお馴染み、

箱根の隣、小田原出身の2年矢部です。



今日、帰ってるときのこと。

『あ~、もう一年たっちゃったんだな』

みたいな話を同期とした。

、、、、確かにな。

この一年すごく長かったようで短かった。1年生が入ってきてしみじみそう思う今日この頃。


最初の頃、春先は大学に馴染むのに必死


夏くらいは部活テストとかやるべきことに溺れて、溺死


秋はバイトで体力を削られ部活本格化で瀕死


冬はダラダラ→テストで即死



今に至る。

振り返れば常に何かに必死だったような。

忙しい時は時間が早く感じるものだ。


でもその分たくさんのいい経験ができたと思う。

同じ一年間を過ごすなら、たくさんやる事をつめて密度の濃いものにした方がいいと思う。

ラグビーをやってみると身体だけでなく心も成長させる事ができると思う。

うん。とりあえず入ってみようか。うん。


前半だけで疲れた感は否めないですが、とりあえず序盤で(2年生としての)使命は果たせたので、っていうか満足したので、この辺でバトンを回したいと思います。

次は、家庭的で奇麗好きなナンバーエイト、あr、、じゃないや。本多君に任せる事にします。



PS

チマタでは豚インフルエンザが猛威を振るっているようです。感染すると死に至る可能性もあるそうです。

特に部員は気をつけましょう。



っぽじてぃぶ[2008年度]

投稿日時:2009/04/19(日) 19:51

今日の帰り道in田園都市線、電車が5分ほどインターバルをはさんだため、

二子玉川行き大井町線急行一本分のプレイヤーが中央林間行き急行に参加し、突如モール練となりました。

サラリーマンのバインドが非常に強かったのですがぎりぎり押し込んでトライかと思われた時、

ハンドリングスキルが足りなかったため鞄がドアのタックルを受けてしまいました。

本題ですが、ポジティブに生きる


というのはあんまり好きではありません。

何事もポジティブに考え、ネガティブなことを言わない、考えない

これを実践すると幸せになれるそうです。

しかしそんなことを言っても「化粧でかわいくなれるのだって限界があるんだぜ☆」の如く、心のポテンシャルは人それぞれです。

ポジティブに生きることができない人、つまりネガティブなパーセンテージが高い人が如何に生きるかは

ネガティブな部分をいかにポジティブ化していくかが重要になってきます。

負の数をいかにプラスにするか、となると+を足すよりマイナスっぽいものをかけた方がが楽ですね。

ここにおける+とは燃える闘魂ですが、マイナスは敢えての"言い訳"です。

「今の俺はサナギなんだ!!いつか変態して曇り紛うことなき大空へ飛んで変態になるんだ!!」、

このようにいい具合に言い訳が作用して、まったりしている人をよくみます。

逆に

「明日やる!!1」

これはダメパターンです、基本的に+な感じを出しているので自分のマイナスに作用して思わぬ痛手を被ります。

また一番の失敗になるのは方向性を間違えることです、これは何事でも間違えると痛いですね。

マイナスを作用させようとして別次元方向にマイナスを向けると見事に第3象限です

*注:こういうことは経験を重ねると屁理屈がうまくなり心が螺旋状になる場合もあります

練習ができなかった日には「今、エントロピーを上げてるんだ」、エネルギーの差が感じられると時は「俺エンタルピーもらいまくりんぐwwww」

このようにネガティブをポジティブへ、どんどん発酵させてきましょう!

最後に・・・
                         __  
そのマイナスの根源つまり根は・・・・ √‐1 = i =・・・



そうだね!プロテインだね!!その愛を忘れずに・・・






異端材料で新しい価値を創る

Innovation by gomistory

OHRAYの提供でおおくり致しました。

新入生へ[2008年度]

投稿日時:2009/04/16(木) 12:26

 新入生のみなさん、こんにちは、4年の岡本です。
 昨日のゲーム大会、おつかれさまでした。ゲーム大会に参加できなかった人、
これから大学でラグビーを始めようと思っている人にむけてちょこっと書こうと思います。

とりあえず自分のラグビー経歴はこんな感じです。中学はサッカー部で、気付いたら高校からラグビ-をやっていましたが、入部当初、足が速かったという理由でWTB(ウィング スリークォーター バック)というポジションをやっていました。その後、ゲームメーカー、司令塔というひびきに惹かれてSO(スタンド オフ)というポジションになり、現在にいたっています。

 早川君も書いていたようにラグビーにはたくさんのポジションがあり、試合中の役割もだいたい決まっています。新しいスポーツを始めるにあたって、覚えることはたくさんありますが、優しい先輩がいちから教えてくれます。東工大に入学できる脳みそをもっているあなたならすぐに覚えられます。自分にあったポジションもすぐに見つかります。

 ちょっとラグビーやってた、丸いボールには飽きた、ラグビー部の雰囲気が好き、モテたい、自分に自信をつけたい、など理由はなんでもいいので、ラグビーをいっしょにやりましょう!そして充実した大学生活を送りましょう!!
 ちなみに自分はちょっとサッカーやってた、モテたい、に分類されますね。


 次は2年生のコジマくんお願いします。

 

ポジション[2008年度]

投稿日時:2009/04/14(火) 00:35

新入生のみなさん、入学おめでとうございます。3年の早川です。
今回僕は初心者には分かりずらいラグビーのポジションについて少し詳しく解説したいと思います。

チームで行う球技には、攻守を合理的に行うためのポジションというものがあります。もちろんラグビーにもポジションがあるのですが、大きく分けて8人のFW(フォワード)と、7人のBK(バックス)から構成されます。さらにFWはフロントロー、セカンドロー、バックローに分けられ、 BKはハーフバック、スリークォーターバック、フルバックに分けることができます。

FW...スクラムを組み、ボールがタッチラインの外に出ればラインアウトで敵とボールを奪い合い、 BKが捕まれば、すぐに駆けつけてボール確保に身を削ります。ボール争奪戦が主な仕事ですが、時には力強く突進してディフェンスを蹴散らします。  ぶつかって、倒されて、また起きて走り出す。下敷きになったり、踏まれたりしながら、走り回るタフな選手達は、チームメイトに尊敬される存在に違いありません。

フロントロー
PR/プロップ
最前列でスクラムを組む背番号1番と3番。 1番は右肩だけ組むのでルースヘッド・プロップ、3番は相手の1番と2番の間に首を入れて両肩を組むのでタイトヘッド・プロップとも呼ばれる。スクラムとラインアウトで、ジャンパーを支えるサポート役など、縁の下の力持ちで、忍耐強く、他の選手のために頑張る優しさも必要とされます。
HO/フッカー
最前列中央でスクラムをコントロール、SHが投げ入れたボールを足で後ろにかき出し、ラインアウトではボールを投げ入れる。 器用さが必要で、体型はPRに近いがやや細い。 BKが捕まったポイントに真っ先に行くのはFL、No.8ですが、そのボールがさらに展開するときには、HOがNo.8的な役割を果たします。 従って走力があって判断力のある選手が多いようです。

セカンドロー
LO/ロック
ラグビー王国ニュージーランドでは、少年はロックを目指すと言われています。 強くて頼りになる男の象徴だからだそうです。 キックオフやラインアウトなどで長身を生かして高いボールをキャッチ。巨漢を利しての突進で、敵ディフェンスにダメージを与えます。 プレーは荒々しいが寡黙な選手が多いようです。運動量を増す現代のラグビーではPR、HO、LOのタイトファイブの運動量が勝負の鍵とまで言われています。

バックロー
FL/フランカー
スクラムやラインアウトから真っ先に飛び出して相手にプレッシャーをかけ、 激しいタックルで相手のボールを奪い取り、チームメイトが捕まったポイントへ瞬時にサポートするFWの花形。 ニュージーランドではチーム内で最も運動神経に秀でた選手が務めるといわれています。気の強さが第一で、BK並みのスピードが要求される。 通常は6番がスクラムの左で、7番が右。7番をオープンサイドFL、6番をブラインドサイドFLと呼ぶこともあるようです。
NO.8/ナンバーエイト
スクラムなどからのサイドアタック、ラインアウトのジャンパー、BKをサポートしての突進、そしてBKラインに入ってのパスと、最も総合的なスキルを必要とされるスーパーマン的存在。ニュージーランドではナンバーエイトは超人が務めると言われてたとか。


BK...筋肉質なゴツイ選手が並ぶFWに対して、BKはスリムな選手が多数を占めます。 FWが確保したボールをどう攻撃に結びつけるか考えるHB(ハーフバック)団のSH・SOには明晰な頭脳と俊敏性が必要であり、 最後に俊足を飛ばしてトライをあげるフィニッシャーWTBは陸上の短距離ランナーのように素早く動く。BKはFWがボールを奪ってくれるからこそ、活躍できるということを認識しなければなりません。

ハーフバックス
SH/スクラムハーフ
スクラムにボールを投げ入れ、出て来たボールを素早くSOにパス。 BKがパスをつないで捕まりFWがサポートにやってくると、そのボールをまたBKにパス。 常にボールと一緒にちょこまかと動き回って、攻撃のリズムを作るのがSHの仕事。 パスの上手さが最も大切だが、機を見るに敏な戦略家でもある。現役引退後、名監督となった選手が数知れないとのこと。
SO/スタンドオフ
指令塔とも称され、FWとBKの中間に立ち、パスか、ランか、キックか、 攻撃を選択していくゲームメイカー。チームを操る姿はサッカーの背番号10とも重なる。 泥だらけの選手達の中で、一人綺麗なままのジャージ姿で思考するスタイルもあってかカリスマ的スターが多い。 戦術眼はもちろんパス、キックのスキルも重要で経験年数が長い選手が多いようです。

スリークォーターバックス
CTB/センター
TBはスリークォーターバックスの略で、 基本フォーメーションのBKを8列にした場合の6列目で約分してこう呼ぶようです。 SOからのパスを細工してWTB、FBにつなぐのが主な仕事で、攻撃側が普通にパスを回すと、CTBのところで防御ラインとぶつかる。 トップスピードでぶつかり合うCTBには、力強い足腰と、強いタックル能力が求められる。 器用にタックラーをかわすタイプと、パワフルなタイプを2人並べるのが理想のコンビと言われています。
WTB/ウィング
基本フォーメーションの両翼に位置して、 チームメイトが苦労してつないだボールをトライに持っていくのが役目。 捕まっても起点になってさらに展開するため、強さも求められる。 マーク前で一瞬止まり、瞬時の加速で相手を振り切るスワーブという技術がWTBの見せ場。 サッカーでいえばストライカー、目立ちたがり屋が向いているようです。

FB/フルバック
最後の砦として味方ゴールラインを守るが、ゴールキーパーではなく、積極的に攻撃に参加します。 BKラインにエキストラマンとして走り込み、WTBにパスをつないだり、相手のキックをキャッチしてカウンターアタックを仕掛けたり、 大きく蹴り返したりします。一番後ろゆえ、ミスは許されず責任感と大胆さを併せ持った性格が適任のようです。

このようにラグビーにはさまざまなポジションがあります。体が大きい人にはPR,HO,LO,NO8なんかがおすすめです。逆に小さい人はつかまりにくいのでSH,WTB,FBがおすすめです。ほかにも器用な人はSH,SO,FB、足が速い人はCTB,WTB,FB、命知らずなやつはFL,CTB、体力に自信がある人はFL,SH,CTBなどどんなタイプの人にも自分にあったポジションがあるはずです。

新入生のみなさんラグビーに少しでも興味持ってくれたら、この日記を参考にして自分にあったポジション、やりたいポジションを探してください。自分がどのポジションでプレーをしどんな活躍をするか、想像するだけでも楽しいはずですよ。

追記ですが明日15日、ラグビー部でゲーム大会&焼肉パーティーを開くのでぜひ来てくださいね、たくさんの参加待ってます。

それでは今回はこの辺で終わりたいと思います。次は研究室の大変忙しい「岡本さん」よろしくお願いします。

次へ>>

<< 2009年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

2009年4月

<<前月翌月>>
2009/04/28(火) 21:17
気持ち
2009/04/27(月) 18:33
先日アディダス牧場に行ってきました。
2009/04/19(日) 19:51
っぽじてぃぶ
2009/04/16(木) 12:26
新入生へ
2009/04/14(火) 00:35
ポジション
2009/04/13(月) 16:36
2009/04/13(月) 07:17
新歓時期★☆
2009/04/11(土) 21:45
デカイことやろう
2009/04/09(木) 20:55
まじめもほどほどに
2009/04/08(水) 03:00
代打・オレ
2009/04/05(日) 19:42
ピカピカの1年生へ
2009/04/04(土) 22:35
ざわ…ざわ… ざわ…ざわ…
2009/04/03(金) 20:59
欲しがりません
2009/04/02(木) 23:30
東工大ラグビー部に関する浅沼的考察
2009/04/02(木) 06:07
もう3ヶ月

ブログ最新記事