ログイン マイページ レイアウト

2022年度 リレー日記

決意

投稿日時:2022/11/20(日) 00:00

こんにちは。

本年度主将の白石です。ここまで日記を繋いでくれた部員のみんな、ありがとう。

さて、明日はいよいよリーグ戦最終戦である都立大戦です。この試合は、今年の東工大にとっても、自分自身にとっても、非常に大きな試合です。

昨年度最終戦で東工大は都立大に初めて敗北しました。負けた原因はいろいろあると思いますが、簡単に言えばあの時点で都立大の方がチーム力で上回っていたということなのでしょう。では、今年はどうか。それを示すことができるのは明日の試合しかありません。どちらのチームがよりこの1年で成長できたか、その差が明日の試合、そして試合結果に表れると思っています。

そして、自分個人としても因縁が残っているのがこの都立大戦です。自分は昨年度からキッカーを務めているのですが、昨年の試合で、もし決めれば引き分けとなる最後のコンバージョンキックを外し、直接的な敗北の原因となってしまいました。外した瞬間に感じたのは、悔しいというよりも、情けないという感情でした。もっとキックの練習をしておけばよかったということだけではなく、チームを勝たせたいという気持ちや日々の練習にかける熱量など、すべてにおいて自分は弱いなと。そしてその感情は、高校の最後の大会の最後の試合で負けたときに感じたものと同じでした。また自分はこの思いをしなければいけないのか、まだ自分はここにいるのか。高校時代に感じたあの思いをもうしないためにラグビーから逃げることもできたけれど、大学でラグビーを続けたのはあの思いをもうしないためではなかったのか。

そんな中、都立大に負けたその日に照沼監督から、来年のチームのキャプテンをやらないかと言われました。その時にはまだ実感がわいていなかったので曖昧な返事をした気がしますが、時間が経つにつれてこの雪辱を果たすチャンスをもらったのだと思うようになりました。

「チャンス」といえば、そもそも明日の試合でコートに立つことができること自体チャンスをもらえているんだなあとみんなの日記を読んでいて感じました。けが人やマネージャーを含め明日の試合に勝ちたい気持ちはみんなが持っていて、それを試合で出すことができるのはジャージをもらった23人、コートに出ている15人だけしかいません。そのことに感謝し、決意とプライドをもって試合に出なければならないと改めて感じています。

また話や文章をきれいにまとめようとする僕の悪い癖が出てきてしまっているのでこれくらいで締めようと思います。いろいろ言いましたが明日の試合ではもうきれいごとは必要ありません。泥臭くがむしゃらに激しくひたむきに勝ちにこだわった方が勝つのでしょう。とにかく、勝ちに行きます。
 

トラックバック一覧

<< 2023年2月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

この記事を書いたメンバー