ログイン マイページ レイアウト

ブログ 服部 海斗さんが書いた記事

自粛生活[2020年度 リレー日記]

 written by 服部 海斗投稿日時:2020/04/20(月) 20:01

1年の服部海斗です。



 



コロナウイルスの感染拡大に伴い、自粛生活を余儀なくされている状況で、SNS上では”毎日暇だ”、”何もすることがない、、”などの言葉が溢れかえっています。そんな中ふと気づいたこととしては、普段から引きこもりがちな生活を送っている自分にとって、自粛生活という名前がついたところで特段何者変わっていないということです。



というわけで、自粛中の今だからこそというような話ではなくなってしまうことをご了解頂けたらなと思います。



普段していることと言えば、映画鑑賞か読書ぐらいなもので、また他の人と特に差異があるわけでもないのですが、一応最近読んだ本の紹介でもして行こうと思います。(読んで欲しいと思うので作品の内容にはほとんど触れません。)



一番有名かなと思うのは、流浪の月という凪良ゆうさんの小説です。最近本屋大賞をとったことで一躍名が轟いたことと思います。この作品では、我々が普通というものを追い求めることがいかに危険で残酷かということが描かれていたように思います。作中の”その優しさで私は救われない”という言葉が胸に刺さりました。普通、自然という言葉によって全て片付けてしまう風潮は今に始まったことではないですが、潜在的な問題から目を背け思考を停止させる態度によって、いつの時代も少数派の人間を無意識に裁いてきました。このような鈍感で怠惰な人間で蔓延っている現代の社会の闇をマイノリティの視点によって描いており、読者に間違いなく衝撃を与えることと思います。



途中まで書いていて思ったのですが、結局のところ、自分で書店に行き出会い、読みながら覚えた感動以上に読書に魅力を感じる瞬間はありません。わたしが今ここに本の魅力をどれだけ記したところで、徒労に終わるように思います。ですから本の魅力を書くことはもうこれにて終わり。最近読んだ本の題名だけ並べておきます。



 



花の鎖 差別感情の哲学 カントの「悪」論



紙の月 何者 影裏

草津旅行[2020年度 リレー日記]

 written by 服部 海斗投稿日時:2020/03/12(木) 10:01

ただいま草津旅行から実家に向かっております。4時間ほど暇ができたので、ちょうど回ってきているリレー日記を書きます。



観光客がとても少なく、コロナウイルスの影響の大きさを痛感する一方で、人が少ないが故に街の雰囲気は良いものでした。昼間は絶景のゲレンデでスノーボードを楽しみ、疲れ切った身体を温泉で癒す。とても満足できる旅行でした。毎年この旅行を企画してくれる友人に感謝です。来年もぜひ誘ってくださいな。



余談ですが、旅行中に東京大学の合格発表がありました。我が母校からはなんと4人の現役合格者が出たそうです。私自身にはほとんど関係がありませんが、嬉しいものですね。



あ、お土産買うの忘れた



1年 服部

秋ですね~[2019年度 リレー日記]

 written by 服部 海斗投稿日時:2019/10/19(土) 23:56

 今年も読書の秋がやってまいりました。相変わらず小説にハマっている私ではありますが、今年はなかなか素晴らしい小説とよく巡り会える年だなと思います。





 最近、同期に勧められ即読んでみた作品にはとても衝撃を受けました。





 そこには孤独の果てに自分の存在を肯定できなくなった、死ぬ直前の人間の心理であろう描かれていました。



 過去に家にひとりでいたときに、ふと鏡の前に立ち自分が見えているのは実は自分だけなんじゃないか、とふと思ったことを今でも覚えています。自分という存在を確信できない、若さゆえの不安なのでしょうか。



 自分の存在を確かめる方法は自分以外の環境を見ることに他なりません。自分が確認できる自分以外の存在が自分を存在するものとして認めているという実感がなければ、自分がそこにいることを確信できないと昔から感じていました。



 この小説で最も残酷で、ストーリーの中心だったのが自分がいないということだけが現実と異なる異世界に迷い込み、現実との違いを主人公自身が見つけていくという構成でした。この違いを見つけていくうちに主人公は自分が現実世界に邪魔な存在であると感じ始めていくのです。



 先も述べたように、周りの環境からしか自分の存在を確信できない人間は、孤独の果てには自分の存在を否定してしまう。読み終えて数日経った今でも心に何かモヤモヤしたものが残っているような感覚が続いています。

3日目[2019年度 リレー日記]

 written by 服部 海斗投稿日時:2019/08/22(木) 19:26

合宿3日目となりました。





何度も菅平には合宿に来ましたが、今までにないほど悪い天候が続いています。練習時間が削られホテルにいる時間が増えていく合宿はなんとなく物寂しい感じがします。



午前中は筋力、アジリティのトレーニングを屋内で行いました。雨天ということもあり、涼しくトレーニングが行えました。



午後は玉川大と試合の予定ですが、ブログを書いている今も雨が降り続いています。バックスでの展開が厳しくなりそうで残念です。ミスを抑えて安定したゲーム展開にできればなと思います。



雨止まないかなあ。

梅雨[2019年度 リレー日記]

 written by 服部 海斗投稿日時:2019/07/10(水) 15:55

雨がしとしとと降り続く梅雨らしい気候にようやくなってきました。先日実家から持ってきた、長年使い込んだ折りたたみ傘がとうとう壊れ、新しくビニール傘を買いました。不思議なもので、朝は雨が降っていても夕方家に帰る頃には止んでいることが多く、昔からの行く先々に傘を忘れてきてしまう癖が未だに治りません。とうとう本日3本目の傘を買う羽目になりそうです。



服部です。



私は群馬県という田舎から上京してきたので、まだまだ地元とのギャップに驚いてばかりです。



姉と同居していることもあり、学校からはかなり離れた場所に住んでおり、毎朝駅まで歩いてそこから電車で通学しているのですが、最近すごく気になるのは都会の人は本当に歩くのが速いことです。常に何かに追われているような、余裕がなさそうな雰囲気に誰もが包まれているようです。





入学当初こそ、その雰囲気に流され早歩きになりがちだった私ですが、最近脚の痛みをきっかけにゆっくり歩くようにしたところなんだか精神的に余裕が出てきている自分に気づくようになりました。今まで見てこなかった都会の街の景色は毎日見ても楽しいものです。





そんなわけで最近は家から駅までいかにゆっくり歩くかにはまっています。

 

<< 2020年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ