ログイン マイページ レイアウト

ブログ

<<前へ次へ>>

残るは1試合[2021年度 リレー日記]

 written by 大池 貫太投稿日時:2021/11/15(月) 23:47

こんにちは、2年の大池貫太です。



東工大ラグビー部に入って2回目のリーグ戦も自分達の試合はあと順位決定戦のみとなりました。



昨日は第3戦目で相手は駿河台大学。序盤は良かったのですがその後はなかなか流れを掴むことができず結果は11点差で敗北。



自分は初戦で脳震盪を起こした影響で出場できなかったので泣くのは烏滸がましいのではないかと思い悔し涙は堪えるつもりだったのですが、結局先輩から声をかけられると堪え切れず涙が溢れてきました。



自分がもし怪我をしてなくて試合に出ていたら内容や結果どうなっていたのかなんてわかりませんが、とにかく何も出来なかった自分が情けなく思えて自分に腹が立ちました。



去年のリーグ戦に出れず悔しい思いをしてから一年間、リーグ戦のために練習してきたのに自分は怪我でチームに迷惑をかけ、親を不安にさせ、結局また出場出来なかった去年と同じ悔しい思いをして、、、



泣いたところで悔しさが晴れるわけもなく、試合が終わってしばらく経った今も残る感情は悔しさばかりです。





この悔しさをぶつける舞台が再来週にあります。今シーズン最後の試合です。



自分は怪我の影響で出れるかわかりませんが、もし出れたらここ2試合ピッチの外から見守ることしか出来なかった分チームを引っ張って行きたいと思います。



復帰が間に合わなかったとしても全力でサポートします。





コロナのせいでなかなか思うように練習や試合ができず苦しい1年でしたがとにかくこのリーグ戦のために練習してきました。



今のメンバーでできるリーグ戦は次戦で最後です。



何が何でも勝って今シーズン終わりたいと思います。

駿河台大戦[2021年度 リレー日記]

 written by 長濱 遥香投稿日時:2021/11/14(日) 22:44

こんにちは。3年マネージャーの長濱です。



駿河台大戦が終わり、残すは順位決定戦のみとなりました。3年目のリーグ戦ですが、試合の結果に対してどう向き合えばいいのか未だに掴めていません。



悔しい、残念などと思うのは烏滸がましい気がして、無意識にそう思わないようにしてしまっているのですが、それだとなんだか結果に興味がない人のようになっている気もします。



でも、素直に悔しいと思えないくらい、自分がチームに貢献できている気がしないことが悔しい、と思うのは間違いじゃないかなと感じました。



1年の頃は試合に勝って喜ぶのさえも忍びないと感じていたので、少しは成長できているのかもしれませんが…プレーヤーと同じように、勝って嬉しい、負けて悔しいと思えるようになれたら、マネージャーとして全うできたと思えるような気がします。

引退までの時間をかけて、そうなれるように頑張りたいと改めて思いました。

 



今シーズンのリレー日記は最後になると思うので、試合はまだ残っていますが…

今年度は幹部として、マネージャーの最上級生として、どうしていいかわからないことが多く何度も嫌になりました。



でも、

院生の先輩方がお忙しい中試合に出てくださって、

4年生が部活を第一に引っ張ってくださって、

同期が先輩として練習を仕切っているのを見て、

後輩が個人練やトレーニングに励む姿を見て、

私も頑張らなくてはと何度も思わせてもらいました。本当は引っ張っていかなくてはならない立場なのに、恥ずかしい限りです。



至らない点が多く、たくさんご迷惑をおかけしてしまったと思います。でも何か少しでも、役に立てたことがあれば嬉しいです。



今シーズンが終わるまで残り少し、後悔のないように頑張ります。

ラグビーより楽しいスポーツって…[2021年度 リレー日記]

 written by 石井 大智投稿日時:2021/11/12(金) 11:41

こんにちは。学部2年の石井大智です。



高校から始めたラグビーですがもう大学2年も終わり3年になろうとしています。

僕にとって今年は怪我の連発でした。怪我といっても具体的には肉離れですね。今も肉離れで練習に参加できていません。高校時代は怪我なんてしたことがなかったからこんな自分が怪我してることに驚きです。

練習を外から見ていると悔しいですがラグビーしている人たちがとても羨ましく思えます。どんなにキツイ練習でも走り込みでもなんでもみんなすごい楽しそうです。



まぁこの一年は自分にとって試練の年として受け止めることにします。自分が今シーズンチームの勝利ために出来ることをしっかりやって貢献し、次シーズンに向けて自分は筋トレやハンドリングを極めて行こうと思います。

こんなんでも早くプレーしたいなって思わせてくれるラグビーですが、ほんとラグビーより楽しいスポーツってあるんですかね。

終わりある旅[2021年度 リレー日記]

 written by 正木 駿兵投稿日時:2021/11/12(金) 00:37

こんにちは。3年の正木です。



順番的に次は南山くんだったのですが、書き終わらないとのことで僕が先に書きます。順番を譲るくらいなのでかなりいい文章を書いてくれると期待しています。



 



昨日は筋トレ隊長伊藤くんの誕生日だったので、彼の家に突撃してプチ誕生会をしてきたところです。といっても映画見てゲームしただけですが…(ヴェノムめっちゃおもしろかったです)



 



友人の誕生日になると、どうしても自分の歳について考えてしまいます。大学生になってから、本当に時の流れが早く感じます。ついこの前大学に入学した気がするのですが、いつの間にか3年生、上級生という立場になっていました。



 



自分は、靭帯の怪我で長く部活に参加できていなかったということもあり、正直先輩としてチームを引っ張っていこうという意識があまりありませんでした。そのせいで先輩や同期に負担をかけてしまったことがすごく情けないです。



僕らの代は人数が多いけど、全員が「自分が引っ張っていこう」という意識を持たなければ良いチームにはならないと思います。



靭帯の怪我はほぼ完治したので、こっから心入れ替えて残り2試合全力で頑張りたいです。

リレー日記[2021年度 リレー日記]

 written by 並木 練作投稿日時:2021/11/10(水) 13:23

はじめまして、一年の並木練作です。



 



初めてのリレー日記ということで、何について書こうかと悩んだのですが今回は自分がラグビーを始めた理由について書こうかと思います。



 



自分は高校一年生の時にラグビーを始めました。高校入学直後は全く入部する気などなかったのですが、入学後昼食を食べているとラグビー部の先輩に必ず話しかけられ毎日勧誘されていました。高校一年の4月の昼休みはクラスメイトよりラグビー部の先輩と話していた記憶があります。そして、ラグビー部にズルズル引き込まれていきました。しかし、ラグビーを始めたての頃は、ラグビーのことをただ体をぶつけ合って痛い思いをするスポーツと勘違いしており早くこの部活を辞めたいとか思っていました。しかし、なんだかんだ続けているとトライが取れるようになったり試合に勝ったりしてきてラグビーが楽しくなってきてしまい気づいた頃にはラグビーの魅力に取り憑かれてしまっていました。そして今でも大学でラグビーを続けています。



 



話は変わりますが、現在リーグ戦の途中で残で、残るは駿河台戦と順位決定戦となりました。残りのニ試合に向けできる限りの準備をしチームに貢献できるようなプレーヤーになれるよう練習していきます。

<<前へ次へ>>

<< 2022年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ブログ最新記事