file_key_w.gifログイン tmp_icon_i_12.gifマイページ tmp_img259.gifレイアウト

ブログ

<<前へ次へ>>

こんにちは[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 小川原 巧投稿日時:2018/06/07(木) 00:43

こんにちは   ラグビー部1年小川原巧です。



 



練習に参加して3ヶ月が経ち、徐々に東工大のスタイルに慣れてきました。初めは高校の時と全然違く、戸惑うことが多かったですが、今はもうあまりません。



 



今は怪我が治りかけてきている途中でフルで練習に参加することはできませんが、その間は下半身や走り方の改善をし、グラウンドに戻った時は前以上のパフォーマンスができるようにこれからも精進していきます。



 



これから辛いこと、厳しいこと沢山あると思いますがこれまでの経験と東工大で学んだことを生かして乗り越えていきたいと思います。

初めまして[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 石原 啓介投稿日時:2018/06/04(月) 11:10

 こんにちは、1年新入部員の石原です。

 東工大に入学してから2ヶ月、ラグビー部に入部してから1ヶ月あまりが経ちました。高校の時にラグビーをしていて入学当初は入るつもりが無かったのでしたが、部の雰囲気の良さや自分もラグビーが好きだということもあり入部を決意しました。
 先日試合に7番右フランカーとして出させてもらえました。前半40分だけでしたが走り続けることはできたかなと思います。しかし、タックルなどで大学生のコンタクトプレーに今の自分の体重では到底及ばないことを痛感し、現在の体重が70kgにも満たないのでもっと体重も筋力もつけなくてはいけないなと思いました。自炊で難しいところもあるけれど増量し、ウェイトの時間を増やすなどして体づくりをし、早く試合で活躍できる選手になれるようにこれから頑張っていきたいと思います。

最近の食事[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 平林 遼太郎投稿日時:2018/06/01(金) 05:31

こんにちは。2年の平林です。



先日の試合で下顎を骨折しました。下顎の骨は、ご飯を食べるときに使う骨なので、食生活に変化が出ています。まず、固いものを食べることができないため、卵かけご飯やお粥、お茶漬けをほぼ毎食食べています。特に卵かけご飯は毎朝食べているので、だんだんと飽きてきました。卵かけご飯の変わった作り方やおすすめのトッピングがあれば教えて欲しいです。また、怪我する以前は、補食としておにぎりやパンを食べていましたが、今はウイダーを補食として積極的に摂取しています。ウイダーは食べる(飲む)のに時間がかからないため、忙しい人には補食として本当におすすめです。(パンやおにぎりよりも割高なため、食費を考えるとおすすめできません)さらに、肉や魚も食べることができないため、友達に焼肉に誘われても行くことができません。なので、骨折が治ったら、同級生や先輩に焼肉を奢ってもらおうと思います。



骨折したことにより、"好きなものを食べられること"が幸せということが分かりました。早く治して、好きなものをたくさん食べられるようになりたいです。

初夏の風に乗れ[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 白石 慧投稿日時:2018/05/26(土) 13:22





こんにちは、二年の白石です。







夏の気配がだんだんと濃くなってきた今日この頃ですが、ラグビー部に入って初めて怪我をしてしまいました。



オーストラリア遠征で体重が増えたと喜んでいたのもつかの間、腰が悲鳴を上げました。



幸い大きな怪我ではありませんでしたが、骨に負荷が掛かり激しい痛みがありました。







トレーナーとストレッチ等のリハビリを行い、今週から練習に復帰しています。



今後は体幹を中心に筋力を鍛え、体重を支えられる体作りを行いたいと思います。











ところで、話は変わりますが、最近洋楽を聞くことがマイブームになっています。



普段の生活で耳に残った曲を探して聴いていますが、正直なところ歌詞はほとんどわかりません。



しかし、ノリノリなメロディーを聴くと気分が盛り上がり、日々のストレスから解放されるようです。



メロディーだけで心を動かすことができる音楽は、言語をも越える大発明なのだと実感しています。



今は洋楽をきっかけに留学生の友だちを作ることが目標です。











さて、東工大ラグビー部は今、春シーズンの真っ只中にいます。



試合を重ねていく中で感じたことが、リーダーシップが足りないと言うことです。



上級生下級生、スキルの優劣に関わらず、精一杯プレーし精一杯やっている自分にプライドを持つことが大事だと思います。



ひとりひとりが「自分がチームを作る」という前提を持つことがリーダーシップなのだと思います。



誰かの作るチームに選手が属しているのではなく、選手自身がチームなのだと僕は考えています。



4月から先輩と呼ばれる立場になり、いよいよ自分も「チームを作る」と言うことを真剣に考えなくてはなりません。



東工大ラグビー部も自分もまだまだ強くなれると思うので、秋に向けて強いチームを作っていきたいと思います。

新入生が入部して[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 棚澤 未来投稿日時:2018/05/24(木) 12:53


こんにちは、二年マネージャーの棚澤です。

気付けばもう二年生の第一クオーターも終わりに近づき、来週から期末テストが始まってしまいます。二年生に上がってから今までの二ヶ月弱は思い出すと新歓や授業、レポートをこなしていたら一瞬で過ぎてしまったように感じます。

さて、新入生が入部してから一ヶ月が経とうとしていますが、改めて東工大ラグビー部に入部してくれたことに感謝しています。それは数ある部活、サークルの中からラグビー部を選んでくれたことが嬉しいということももちろんありますし、個人的に一年生からとても良い影響を受けていると感じるからです。
よく人に教えるためにはその人の何倍も理解していないといけないというように、マネージャーの仕事面でもラグビーの理解の面でも、一年生に教えるにあたりまずは自分が正しく認識出来ていることが必要になります。その中で自分の理解不足を再認識することが多く、結果もう一度自分で確認して自分の理解が深まることにも繋がっています。
また、これはマネージャーの先輩が言っていたことでもありますが、後輩の成長というものはとても早く感じるものです。この間出来なかったことがもう出来るようになったと感じることも多く、それに対して自分は成長出来ているのか、同じ場所にとどまっていないかと焦りを感じつつもっと頑張ろうという気になります。
このように後輩の存在は先輩にも新鮮で良い影響を与えてくれます。入部前にも、もう後輩が出来るのだから先輩として誇れるよう自立したいと感じていましたが、実際に新入生が入部してからはそれ以上に自分にとってもプラスになっていると感じています。

丁度私が入部してから一年が過ぎ、仕事にも慣れてマンネリ化を感じてしまう時期ですが、ここで止まるのではなく常に進化していきたいと思います。


 
 
<<前へ次へ>>

<< 2018年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

2018年6月

<<前月翌月>>
2018/06/18(月) 16:22
後悔しないために
2018/06/18(月) 12:06
原動力
2018/06/16(土) 10:15
意思
2018/06/09(土) 21:00
入部してみて
2018/06/07(木) 18:15
これから
2018/06/07(木) 00:43
こんにちは
2018/06/04(月) 11:10
初めまして
2018/06/01(金) 05:31
最近の食事

ブログ最新記事