ログイン マイページ レイアウト

2022年度 リレー日記

<<前へ

決意

 written by 白石 魁 投稿日時:2022/11/20(日) 00:00

こんにちは。

本年度主将の白石です。ここまで日記を繋いでくれた部員のみんな、ありがとう。

さて、明日はいよいよリーグ戦最終戦である都立大戦です。この試合は、今年の東工大にとっても、自分自身にとっても、非常に大きな試合です。

昨年度最終戦で東工大は都立大に初めて敗北しました。負けた原因はいろいろあると思いますが、簡単に言えばあの時点で都立大の方がチーム力で上回っていたということなのでしょう。では、今年はどうか。それを示すことができるのは明日の試合しかありません。どちらのチームがよりこの1年で成長できたか、その差が明日の試合、そして試合結果に表れると思っています。

そして、自分個人としても因縁が残っているのがこの都立大戦です。自分は昨年度からキッカーを務めているのですが、昨年の試合で、もし決めれば引き分けとなる最後のコンバージョンキックを外し、直接的な敗北の原因となってしまいました。外した瞬間に感じたのは、悔しいというよりも、情けないという感情でした。もっとキックの練習をしておけばよかったということだけではなく、チームを勝たせたいという気持ちや日々の練習にかける熱量など、すべてにおいて自分は弱いなと。そしてその感情は、高校の最後の大会の最後の試合で負けたときに感じたものと同じでした。また自分はこの思いをしなければいけないのか、まだ自分はここにいるのか。高校時代に感じたあの思いをもうしないためにラグビーから逃げることもできたけれど、大学でラグビーを続けたのはあの思いをもうしないためではなかったのか。

そんな中、都立大に負けたその日に照沼監督から、来年のチームのキャプテンをやらないかと言われました。その時にはまだ実感がわいていなかったので曖昧な返事をした気がしますが、時間が経つにつれてこの雪辱を果たすチャンスをもらったのだと思うようになりました。

「チャンス」といえば、そもそも明日の試合でコートに立つことができること自体チャンスをもらえているんだなあとみんなの日記を読んでいて感じました。けが人やマネージャーを含め明日の試合に勝ちたい気持ちはみんなが持っていて、それを試合で出すことができるのはジャージをもらった23人、コートに出ている15人だけしかいません。そのことに感謝し、決意とプライドをもって試合に出なければならないと改めて感じています。

また話や文章をきれいにまとめようとする僕の悪い癖が出てきてしまっているのでこれくらいで締めようと思います。いろいろ言いましたが明日の試合ではもうきれいごとは必要ありません。泥臭くがむしゃらに激しくひたむきに勝ちにこだわった方が勝つのでしょう。とにかく、勝ちに行きます。
 

勝って泣こうぜ!

 written by 伊藤 史紘 投稿日時:2022/11/18(金) 23:36

同じすずかけ組、同じポジションの岡村からバトンを引き継ぎました、
4年PRの伊藤史紘です

ついに最終戦の都立大学戦が明後日に迫ってきました
4年として出場する最後の試合です

思い起こせば私が大学でラグビーを続けるきっかけとなったのは、高校時代最後の大会の最後の試合の出来事でした
当時の私はチームを自分の力で勝たせたいと思うあまり、無茶なプレーをしてしまい最大のビッグチャンスを潰してしまいました
そのプレーが今でもたまに思い出すくらいトラウマになっています
しかしそれと同時に自分のラグビー人生をその嫌な思い出のまま終わらせたくない、そう思うようにもなりました
そして、浪人時代も東工大で絶対にラグビーを続けようと思い、必死に勉強をしました

あれから5年が経ち、また最後の試合を迎えました
次は過去の自分と区切りをつける試合だと思っています

大学でラグビーをしてきて悔し涙は数えきれないほど流してきました
最後の試合、みんなで勝って泣きましょう


最後のバトンは我らがキャプテン、白石魁に回したいと思います

後ろを振り向く

 written by 岡村 俊吾 投稿日時:2022/11/17(木) 21:00

こんにちは。

最近なにかと一緒に過ごすことが多い河端君からバトンを受け取りました。4年の岡村です。

いよいよ最終戦まで残すところ3日となりました。自分の4年間は新型コロナウイルスによる規制と、毎年の怪我でほとんどラグビーをすることができなかったなぁというのが第一の感想です。自分の代は、同期が徐々に辞めていき、最終的には半分になってしまった悲しい代でした。同期が半分辞めていき、自分自身は何度も怪我をして手術をすることになってしまった中で、続けることができたのは何故だろうかと考えると、ここはきれいに先輩、同期、後輩のおかげといいたいところですが、一番は自分の中の意地だったんだと思います。大学からラグビーを始めるという決心をした自分にとって、辛いからとか怪我とかコロナとか同期が辞めたからとか、そういった理由で辞めたくなかったという思いが強かったです。そして、ここまで続けることができて、辛いことも多かったけど、それ以上に楽しいこと、うれしいことがあり、本当によかったなと思いました。

今年も怪我でラグビーを満足にできなかった自分にとって、終わり良ければ総て良しで最終戦に臨むことは難しいですが、少しでも悔いの残らないよう全力で挑みます。最後は自分の意地を見せて勝ち切りたいと思います。

次は、ラグビー部のムードメーカー伊藤君にバトンを渡します。
 

闘う決意

 written by 河端 省吾 投稿日時:2022/11/16(水) 23:43

こんばんは



大学生ながらバイト代をコツコツ貯金しており、通帳が凄いことになっているらしい佐々木からバトンを受け取りました、同じく4年の河端です。



2022年リーグ戦も残すは最終戦の都立大戦のみとなりました。都立大は去年も最終戦で戦い、敗れています。去年の最終戦は今でも鮮明に覚えています。コンバージョンキックが外れたとともに聞こえてきたキャッキャと騒ぐ相手の姿が。。今年1年間は去年の雪辱を果たすためにやってきたと言い切れます。



ラグビーは漢字で書くと「闘球」、文字通り闘う球技です。ただ、闘うと言っても殴り合いの喧嘩ではなく、決められたルールに中で闘う競技です。ですが、最近の東工大ラグビー部は闘う感情を表に出すのが苦手なチームだと思います。皆、闘志を持っているものそれを表現できていない気がします。



後輩たちへ

静かなる闘志を持ちつつ試合中のプレイでその闘志を爆発させてくれ。



院生たちへ

最後まで力を貸してくれてありがとうございます。最高の思い出を一緒に作りましょう。



4年のみんなへ

誰よりもボールキャリーしよう、誰よりもタックルしよう、誰よりも声を出そう、誰よりも勝ちにこだわろう。

結局は4年が強ぇ方が勝つ



都立大戦は今のメンバー、リザーブ、マネージャー、で出来る最後の試合です。合宿を通して自分たちで考え続けてきた「決意」、人それぞれ決意の形は違うと思います。しかし皆の決意の先にあるのは全員同じ、都立大に勝つただ一つだと思います。



4日後には全てが終わっています。部員全員で闘う決意を再確認して都立大戦、絶対に勝とう。



次は長い故障期間を乗り越え、遂に千葉大戦から復帰を果たした岡村にバトンを回したいと思います。

感謝

 written by 佐々木 雄大 投稿日時:2022/11/15(火) 22:50

こんばんは

入院中の正木からバトンを受け取りました4年の佐々木です。
ひとまず正木の手術が無事終了したようで何よりです。早期回復、復帰を期待しています。

 さてリレー日記を書くたびに毎回「早いもので」と書いている気もしますが、早いものでリーグ戦の最終戦である都立大戦までもあと3回の練習を残すのみとなりました。今年は昨年、一昨年とは違いコロナウイルスの影響をあまり受けず、春シーズン何試合かは中止となってしまいましたが、それでも練習試合を組むことができ、夏合宿でも1年生の時以来3年ぶりに他校との試合や合同練習を行うことが出来ました。そしてリーグ戦も今年はようやく通常通り8校での総当たりで行うことができ、今までと比較するととても充実した1年であったと感じています。

 しかしながら正直なところラグビーを始めてから一番きついシーズンでもありました。今年最初のリレー日記でも書いたと思うのですが、自分はリーダーとして組織を引っ張っていくのが苦手です。今年はFWのバイスキャプテンに就くこととなり、1年間自分が引っ張らなくてはならない立場でした。特にユニット練での具体的なメニューを決めるのは自分であり、しっかりとFWを強化するために内容を考えなくてはならないのに、あまり上手くいかないことも多くあり、どうすればよいのか悩んだ時もあります。そんな練習の時に同期から助言をもらえたのはとても助かりました。また練習や試合で自分が一番に引っ張らなくてはならない場面で引っ張れていないときに、発破をかけるような声を院生の先輩方が出してくださったのもとてもありがたかったです。後輩たちは自分が上手く引っ張れていないときでも、ついてきてくれていたと感じています。同期や先輩、後輩に恵まれたからこそ、きつい今シーズンを乗り切れたと思います。本当にありがとうございました。

そしてこのメンバーでできる試合も残すは都立大戦のみとなりました。今年は最後勝って、笑って終わりたいです。そのためにも残りは少なくなりましたが、しっかりと準備をして試合に臨みましょう。

次は自分と同じバイスキャプテンとしてチームを引っ張ってくれていた河端にバトンを渡します。

«前へ

<< 2023年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31