ログイン マイページ レイアウト

2022年度 リレー日記

<<前へ

夏から秋に向けて

 written by 井上 夏樹 投稿日時:2022/08/14(日) 23:53

こんにちは、二年の井上夏樹です。

もうすぐ菅平合宿です。去年はコロナの影響で中止となり大学生になって初めての菅平合宿になります。毎日のように試合ができ、とても楽しみです。

 

さて、みんながリレー日記で春シーズンの感想を書いているので私も少し書きたいと思います。一言で言うなら「楽しかった。」ということです。去年はなかった定期戦や練習試合があり、たくさん試合をし、たくさんの気づきがありました。中でも、高校時代から一緒にプレーしてきた石井(今は先輩)とハーフバック団を組めたことはとてもうれしかったです。石井(今は先輩)とは高校の時から交互にしょうーもないけがをしてきた仲で、この春を無事に終えられて安心しています。

話は変わりまして、今ラグビーチャンピオンシップの期間中ですね。皆さん見ていますでしょうか?これを書いている日は第二節の翌日なので、四チームが一勝一敗という状況です。優勝はどこでしょうか?せっかくなので優勝予想をしたいと思います。(当てたらなんかおごってください、だれか笑)。

ズバリ!

Springboks

ですね。え?あんぱいだって?だってー強いんだもん。第二節は負けたもののやっぱり強い。そして応援したくなる熱いラグビー。ぜひ優勝してほしい!

 

最後に、皆さんコロナには気を付けましょう。今甲子園が真っ最中ですが、何校かスタメンでクラスターが起き、代わりの選手が最後の夏を戦うなんてことがあります。悲しすぎます。

 

しまりがありませんが、この辺で。次は二年で一番ハートの熱い男にバトンを渡したいと思います。それでは。

合宿に向けての目標

 written by 伊藤 正紀 投稿日時:2022/08/12(金) 12:16

こんにちは、2年の伊藤正紀です。



ぼくは今、北海道にもどって合宿に向けて英気を養っているところです。北海道は湿度が低く、気温のわりに非常に過ごしやすくて東京に戻るのを迷うくらいにはすばらしい環境です。しっかりリフレッシュしたいと思います。



春シーズンが終わったということで、個人的な点数をいうと70点くらいです。成績なら、まあ、単位は取れたかな、といったくらいの手応えです。昨年はラグビー部に入ったものの、コロナのせいで、練習試合などはほとんどなく、自分は初心者だったので、この練習がどの場面を想定しているのかなどが分からないことも多かったです。今年は、ほぼ毎週試合があるようなスケジュールで、実戦を積むことができて、自分は何ができて、何ができていないのかといったことがわかりやすく、練習にも身が入りました。しかし、試合の中で身をもって体感したのはただ身体が強ければよいというわけでなく、それに加えて、しっかり周りを見て冷静に考えるということが大事だということです。サッカーをやっていた時には、しっかり首を振って周りを見ることの重要性についてよく言われていましたが、それはラグビーでもおなじことだよなぁとおもいました。口でいうのは簡単ですが、実際に試合でやることは難しいというのはよくわかってます。合宿では、たくさん試合ができると思いますので、その感覚を掴めるように頑張りたいです。

バックス転向の心情

 written by 樋口 裕大 投稿日時:2022/07/29(金) 12:00

はじめまして、1年の樋口裕大です。

1年のリレー日記のトリを飾ることになりました。文章力が乏しいのですが少し多めに見てください。

自分は高校からラグビーを始め、高校ではプロップでプレーしていたのですが、大学ではセンター志望で練習しています。はじめに、長いですがこのようなことに至った理由について書きたいと思います。

高校1年の時、最初は身長が小さく、体重が50㎏台前半で軽かったのもありスクラムハーフ志望で練習していましたが、夏合宿の試合でフォワード不足であるという理由からフランカーで大抜擢され、そこでフォワードデビューとなりました。
そこから、当時高校3年だったフランカーの尊敬する先輩に筋トレの方法や体重の増やし方などを丁寧に教えていただいた結果、ガタイは少しずつ良くなっていき、高校2年になったころにはなぜかプロップとしてプレーすることになりました。入部した当時は自分がまさかフォワードのしかもスクラムの最前線でプレーするなんて想像もできなかったですが、高校の監督の名采配でそれが実現することとなりました。ガタイがよくなったとはいえまだまだほかのフォワードの選手に比べ体重は軽く、大変な部分はありましたがタックルはわりと好きで、ボールも触れるし、スクラムもなんとか良い姿勢を作って戦えていたので、フォワードとしてプレーするのは満足していました。
しかし、2年の半ばぐらいに、密かに練習していたパスが上達してきたことをきっかけとして、バックスとして動き回ってプレーしてみたいという欲求が芽生えました。もとからフォワード不足だったりキックが下手だったりで、自分がバックスに戻るというのは厳しいものだったので実現せず、高校3年の最後までプロップとしてプレーし続けました。
引退して受験が終わったころ大学でラグビーをしようか迷っていましたが、心の中にあった欲求がすこし顔を出してきて、自分が大学ではプロップとしてプレーするのは少し無理があるのではないかとも思っていたので、大学ではバックスでラグビーをしたいと思い、このようなことに至りました。


そうして東工大ラグビー部に入りバックスとしてやらせていただいているものの、パスはなんとかできていると自分では思っているのですが、やはりキックがネックで、また当然ですがフォワードとバックスでは動きがけっこう違うので、大変なことが多いですが、優しくて面白い先輩たちが丁寧に教えてくれるおかげで少しずつ上達してきました。


話が変わりますが、自分は6月のはじめくらいに調子に乗って練習中ヘッドキャップをしていなかったせいで、結構大きな耳のけがを負ってしまい、それによって骨が少し傷ついてしまいました。かなり現時点で治ってきましたがまだタックルしたりすると耳の骨が痛くてコンタクト練習に参加できていません。その間に自分以外の1年生は何本か試合にでていて、自分はまだ一本も試合に出られていないという状況です。

これからはヘッドキャップと一心一体となって頑張ります。
 

皆さんよろしくお願いします!

 written by 五島 康佑 投稿日時:2022/07/26(火) 03:58

はじめまして、一年の五島です。





私は、高校からラグビーを始めたこともあり、初めて行った練習体験ですぐに入部届を出してしまいました。今思うと、少し後悔しています。すぐに入部するのではなくもっと入部するかしないか焦らしていれば、先輩たちからもっとご飯をおごってもらえていたかもしれません。もちろん、入部したことには後悔していません。入部して3ヶ月が経ち、ラグビーをして、同期や先輩方と時間を過ごして本当にこの部活に入ってよかったと心の底から思います。





初めてのリレー日記、何を書こうか迷ったのですが、これからの目標について二つ書こうと思います。





一つ目は、大学ラグビーで戦える体を作ることです。



1ヶ月程前、東北大との定期戦があり、私は前半LO後半PRとして試合に出させていただきました。チームとしては、勝利することができましたが、個人的にはスクラムやタックルでボコボコにされてしまいました。高校と大学のコンタクトのレベルの違いを強く感じました。まあ、個人的にはボコボコにされるのも悪くはないのですが、せっかくラグビーという合法的に相手をボコボコにすることが許されているスポーツをしているので、相手をコテンパンにすることができるように、同期や先輩と筋トレや食事に励み、体づくりを頑張っていきたいと思います。





二つ目は、可愛い後輩をたくさん入部させることです。



先日、高校のラグビー部に顔を出しに行きました。当然ですが、私は大学生になってから先輩と言われることはなかったので、久しぶりに先輩と言われ、少々気持ち良くなってしまい、気づいたら財布からお金が無くなっていました。ですが、後輩達に会って、少しずつ冷めていたラグビーへの熱がまた上がってきました。私は高校の時からラグビーへのやる気の波が激しく、6年間ラグビーのモチベーションを保つためにも可愛い後輩は欠かせません。しかし、東工大は今のうちから勧誘を真剣に考えておかないと、新入生が入部しないことは自分達の学年を見てよく分かりました。出身校の大宮高校はもちろん浦和高校や熊谷高校など連絡がとれそうなところには連絡をとって、来年多くの後輩とラグビーができるように今のうちからできることを頑張りたいです。





最後に先日、県立千葉のラグビー部の子と授業が同じで話す機会があったのですが、彼は毎日筋トレとランニングを欠かさないそうです。こんなに意識が高いのになぜラグビー部に入部しないのでしょうか?









入部して欲しいな…

 

入部理由と1年の目標

 written by 岡村 汐桜 投稿日時:2022/07/23(土) 13:59

初めまして。1年マネージャーの岡村汐桜です。

シバからバトンをもらったので文章力に自信はないですし、エネルギッシュかと言われるとそうでも無いと思いますが書いていきたいと思います。



入部して一番最初のリレー日記で何を書こうかなぁと考えていたのですが、まずはラグビー部に入部した理由を書こうと思います。私は中学、高校と女子バスケ部でしたが、大学ではもう自分でプレーする気はなかったので最初から何かの部活のマネージャーになろうと思っていました。そこでラグビー部を選んだ理由は二つあります。一つ目は小学校から仲のいい女の子のお友達がずっとラグビーをしていたのでラグビーがとても身近なスポーツだったからです。二つ目は新歓に行った時に先輩方がとても優しくて雰囲気が好きだったからです。入部前は心配事が色々ありましたが、今となっては毎日が充実しているように感じるので入ってよかったなと思っています。


入部してから約2ヶ月、練習や試合でのマネージャー全体としての仕事は自分でできることも増えてきました。しかしこれからは合宿や公式戦などまだまだ私の知らないことが待っていて、そういうことをこなしているうちに次は先輩という立場になってしまいます。今のほんのわずかな仕事で精一杯の私がそんな立場になれるのか、と今から不安しかないですが、先輩方がいらっしゃる今のうちにたくさんのことを吸収して1年後には先輩を支えられる存在になりたいです。



シバからの紹介でもあったように私は一浪して東工大に入りました。浪人期間は基本的に一日中予備校にこもっていたので去年は夏の暑さを知りませんでしたが、それとは真逆に今年の夏はほぼずっと炎天下の元で生きているので体がおかしくなりそうです。そんな中、ぶつかったり走ったりし続ける選手を見ると自然と応援する気持ちになります。



まだまだ夏は始まったばかりです。リーグ戦に向けての練習、暑さに負けずに先輩方について行けるよう頑張ります!
«前へ

<< 2022年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2022年8月

ブログテーマ