ログイン マイページ レイアウト

2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記

<<前へ次へ>>

2019新年

 written by 小林 史尚 投稿日時:2019/01/12(土) 22:12

新年明けまししておめでとうございます。



3年の小林史尚です。



 



今年は僕たちが引っ張っていかないと、チームに必ず進化がないと言う世代なのを、 年明けから実感しました。



 



年明け早々の本日には天理対明治の大学選手権決勝があり、絶対勝つと思っていた天理大学が負けてしまいした。やはり、僕の思っている絶対というのは絶対ではないのだと思いました。



 



そして、スポーツの世界には絶対というものはなく、長い目で見ていくことで進化していくことがチームに大きな影響を与えるものだと思いました。



 



また、年末には大阪大戦がありそこでは東工大らしい試合が全くできていませんでした。僕たちは、僕たちらしい試合をしたいし、それを見ている人に楽しませたり、面白いと思わせたいなと思いました。



 



何がいいのか、何が悪いのかがわからない年初めですがチャレンジしないことには始まらないと思います。



 



小林史尚



 



次に回します。



 



 



チーム一丸となって目標に向かいたいと思います。

今年の抱負

 written by 落合 翔梧 投稿日時:2019/01/09(水) 08:42

あけましておめでとうございます。3年の落合です。

時間というのは早いもので、入学したときにラグビーに誘ってくださった相澤さんと同じ4年にまもなくなり、あっというまです。
今年はラグビーワールドカップが開催されます。この大会を生で観られるのはラグビーを続けてきて良かったなと思っています。一生に一度の大会を楽しみにしています。

このオフ期間中にラグビーの理解度を高めるため、プロの試合をみてポジションや状況判断を学び、うまくなれるように取り組みたいと思います。

またチームの方針や運営面を円滑に進められるように下地を準備し、新歓やシーズンの試合や遠征などが成功するようにリードしていきます。

1年を通して成長できるようにこれまでよりもチャレンジしていきます。
 

月並みなタイトルは嫌だが中々思いつかないという月並みなくだり

 written by 白石 慧 投稿日時:2018/12/20(木) 16:59

お久しぶりです。2年の白石です。

前回のリレー日記から期間が空いて仕舞い、ご心配をお掛け致しました。

単位を落としたり、怪我をしたり、単位を落としたりと常人ならば恐らく堪えられぬイベントが数多御座いましたが、ラグビー部に鍛えて頂いた鉄の心で乗り越えて参りました。

ただ、他の部員からリレー日記でも学年でも周回遅れになりかけて居りますので、堪えるのみでなく追いつけ追い越せの姿勢で精進したいと思います。



さて、2018年も師走に差し掛かり、東工大ラグビー部の平成最後となるシーズンが終わろうとしています。

今年を振り返ると、東工大の強みが空回りしてしまったシーズンであったと感じます。

そもそも東工大が何故部員数や身体の大きさ、スキルで劣る相手に対して勝てるのか、それは我々は思考力、理解力、記憶力で勝るからです。つまり、考える事が東工大の強みなのです。

オーストラリア遠征、夏合宿の最終戦、思い返せば我々が力を出せた時は、1つ1つの練習や試合中のプレーに対して「なぜそれをするのか」自分なりの理解がある時でした。特に、その活動が確実に勝利に繋がると実感出来た時、団結を感じました。

しかしながら今シーズンは、チームが共通認識を持てなかった事も有りますが、部の活動を決定する上で徹底されるべき「なぜそれをするのか」と考える過程が疎かに成って仕舞ったように感じます。「考えなくて良いからやれ」と言う方針では、部員のモチベーションは下がります。増して、幹部が「監督が言ったから」等と口にするのは論外です。なぜ監督はそう言ったのか考え、解らなければ聞けば良いのです。いずれにせよ、指示を出す側の人間が「なぜそれをするのか」解らないのは、組織として致命的です。

3月のオーストラリア遠征ではクレイグやアンダーソンらコーチ陣は説明に最も時間を割いていました。この事から我々は「考え理解する事」が最重要であることを学んだ筈です。

2019シーズンは我々の考える力を生かして、「なぜ」と問い続ける1年にしたいと思います。



最後に、私事では有りますが、東工大水泳部のブログも面白いのでおすすめです。

オフに入って

 written by 棚澤 未来 投稿日時:2018/12/20(木) 15:58



こんにちは、2年の棚澤です。

大阪大学との定期戦も終わり、しばらくオフに入りました。4年生も引退し、次の練習からはマネージャーも6人から4人となります。また自分もついに上級生となり、責任が生じることも増え不安も感じていますが、現3年マネージャーを支えられるよう今までよりも積極的に行動していければと感じています。



さて、この間バイト先である薬メーカーの話を聞きました。そのメーカーは数年前まではある薬の売上が全盛期でとても儲かっていたのに、その薬よりも安いジェネリック薬品が出てしまったことで売上が激減し、社員もかなりリストラされている、とのことでした。そのメーカーは就職先ランキングでもかなり上位に入っている会社で私も名前を聞いたことがありました。数年前までかなりの利益を上げいた会社の経営が数年でそこまで傾いてしまうものかと驚くとともに、とても頑張って就職した先がそんなことになるなんてまさに一寸先は闇だなと恐ろしくも感じました。



東工大ラグビー部含め三部のラグビー部では、人数が少ないこともあり、その年の代のメンバーに実力が左右されることもよくあります。数年前までそこまで強くないと思っていたチームが急に強くなって順位を上げたり、その逆もあります。もちろん上位のチームでも今年は豊作だとか不作だとかといった話は出るとは思いますが、それによって勝敗に左右されないチームが強いチームなのだと思います。マネジメントは間接的にしかチームに貢献することは出来ませんが、メンバーが変わったとしても勝てるチーム作りが出来るよう、このオフで出来ることはやっていきたいと思います。

今年の振り返り

 written by 坂井 朗 投稿日時:2018/12/19(水) 11:57

 こんにちは、2年の坂井です。



 先日大阪で阪大との定期戦がありました。プレーできる人数が少なかったので、自分もプレータイムをもらうことができましたが、フィットネス不足、スキル不足を思い知らされる試合となってしまいました。この経験を無駄にしないようにしたいです。



 私は、練習中の集中力を高め効率を最大限に引き出すためには、チームの課題を全員で共有しその練習がその課題を解決するためのものだと理解、納得することが必要で、その課題を上手く設定し、納得のいく理由付けで練習を引っ張っていくのがリーダーであると思います。個人的に今年一年チームの練習をこなすだけであまり成長できなかったと感じているので、自分に足りない所を判断しそれが改善できるように来年は活動していきたいです。
«前へ次へ»

<< 2019年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログテーマ