ログイン マイページ レイアウト

2021年度 リレー日記

ラグビー最高の瞬間

投稿日時:2021/11/20(土) 16:19

こんにちは。2年の岡山です。

 



ラグビー部に入って2回目のリーグ戦も3試合が終わり残りひと試合となりました。



 



この一年も非常に短かったように感じます。



 



昨年、代替わりした直後、去年のチームがどうして強かったのか自分なりに考えてみたのを覚えています。規律とか熱量、戦略とかそう言った細かい話はありますが、試合中どうして勝ちまで持って行けたのか、自分なりに考えて出した答えの一つが、



 



ペネトレーターがいたから。



 



飯田さんをはじめとする先輩方は、体が強かったり足が速かったりでボールを持って前に出る能力が非常に高かった。



 



自分は安直だったので、だったら今年は自分がペネトレーターになりたいと純粋に思いました。小5からラグビーを始めて、ラグビーという競技をよく理解してないまま小中でタックルを教えまれ、高校、大一の自分にはタックルしか頭がなかった。自分にとってラグビーの楽しい瞬間がタックルで相手を倒したときだけでした。それだけだった自分を今年は変えたいと思いました。



 



自分は昔から足が速くなかったので試合でボール持ってゲインすることは今までほとんどありませんでした。だから今年は自分なりに考えて、オフの日も走るトレーニングしたり、瞬発系のトレーニングを取り入れてみたりしてやってきました。その甲斐もあってか6月の東大戦でボール持ってゲインできたときはめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。



 



 



今年のリーグ戦でも勝った試合ではボール持ってゲインできて、ラグビーしてて最高でした。



 



反対に負けた2試合では出てくださってる院生の方々がゲインしても自分がボール持ったときは前に進めなくて、自分がペネトレーターになれていないことを痛感したし、単純にチームに貢献できなかったのが涙が出るほど悔しかったです。



 



もう負けた時の思いはしたくないので、ラスト一戦は自分もペネトレーターになって、チームに貢献し、勝って最高の思いを噛み締めたいとおもいます!





 



 



 



 

トラックバック一覧

<< 2022年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

この記事を書いたメンバー