ログイン マイページ レイアウト

2021年度 リレー日記

アズーリから学んだもの

投稿日時:2021/07/12(月) 21:00

こんにちは
3年の伊藤史紘です

ラグビー好きとして知られる僕ですが、ラグビーと同じくらい好きなスポーツがあります
それは、サッカーです

今日までUEFA欧州選手権というヨーロッパ最強の国を決める大会が行われていました
ヨーロッパで大会が行われているため、生で見ようと思うとどうしても深夜になってしまいます
そのため、ここ1ヶ月ずっと寝不足の日々が続いていました

この大会を見ていて感じたのは、選手個人の実力よりもチームとしての完成度の方が勝利において圧倒的に重要だということです
今大会、一番の強さを見せて優勝したのはイタリア代表でした
他の強豪国に比べると決してタレント揃いという訳ではないのにも関わらず、このような強さを誇っているのはチームとしての完成度が他国に比べて非常に高いからでしょう
イタリア代表といえばカテナチオと呼ばれる堅守速攻の戦術が伝統的でしたが、ボールをキープしながら試合をコントロールするような戦い方も今大会では見せてくれていました

新しい、「強み」を手に入れたイタリア代表のスタイルと言えます
自分たちがゲームを支配できるときはボールをコントロールしながら相手のディフェンスを崩して点を取り、逆に相手ペースのときはチーム全体で徹底的に守ってカウンターでワンチャンスを狙うという素人目に見てもわかるくらいにチームの意思が明らかでした

東工大ラグビー部も個人のフィジカルやテクニックでは現時点で他校に劣る部分もあるかもしれません
しかし、戦術理解を深め、チームとして何をすべきでどのような形を目指しているのかがゲーム中常に統一されるようになればリーグ戦までの短い期間でも完成度の高いチームを目指せると思います
今後はその学びを生かし、まずは監督のやりたいラグビーを理解し、チーム内で積極的にコミュニケーションをとって東工大の強み、スタイルを作っていければと思います
 

トラックバック一覧

<< 2022年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

この記事を書いたメンバー