ログイン マイページ レイアウト

2023年度 リレー日記

<<前へ次へ>>

涙の数だけ強くなる、笑顔の数だけ最強になる

 written by 山本 大輔 投稿日時:2023/01/25(水) 21:09

あけましておめでとうございます。チームルール「進化」に従って、スマホを6世代も進化させた浦安一番のギフテッド山本大輔です。

最近の私の近況として、新年になって本格的に新体制が始まり、今までよりも一層責任感というものが生まれました。

さて、大学生活の4年間で1番大事な2023年度に入り、今年一年の抱負を定めました。

「笑顔」

有名な歌のフレーズとして「涙の数だけ強くなれる」という言葉はよく聞くでしょう。ただ、本当にそうでしょうか?
早稲田から浦安D-Rocksに行った小西泰聖選手のTwitterである投稿がされていました。


泣くやつ三流。
食いしばるやつ二流。
果てなく笑え、そいつが一流。

小西 泰聖さんはTwitterを使っています: 「泣くやつ三流。 食いしばるやつ二流。 果てなく笑え、そいつが一流。 #☺︎ #感謝 https://t.co/ThLWhdpyrv」 / Twitter


涙を流すより、耐えて笑って乗り越えた方がより一層強くなると思いませんか。私はそう思います。
更には周りまで笑顔にさせるやつは超一流。
2023年度を笑顔の年に。


次はラグビー部一番の北国住まい、伊藤正紀に繋ぎます。

成長

 written by 横井 花音 投稿日時:2023/01/23(月) 22:42

こんにちは、3年マネージャーの横井です。


月日の流れは早いもので12月の最終戦から1か月以上が過ぎ、ついに最高学年となりました。冬休みはオフ期間ということもあり、中々部活もなかったので「代替わりした!」という感じはあまりせず、非常にふわふわした気持ちでしたが、キックオフミーティングやグラウンドでの練習が再開して最高学年になったということを実感します。
今までは先輩が示してくれる道に従って歩いていけば良かったですが、これからは自分がその道を作らなければいけません。無数の選択肢から目標を意識して先のことを決める怖さに立ち竦んでしまいますが部全体のことを考え続けて納得がいく道を切り開いていきたいと思います。

さて、今年のスローガンは「ALL OUT」に決まりました。
すべて出し切り、限界を超えるという意味です。
石橋を叩いて渡るような性格の私はすぐ保身に走ってしまい、分からない何かに全てを懸けた経験がありません。未知のことに不安はありますが、今しかできないことを後悔しないために最後までやりきり、10か月後笑って終われるよう ALL OUT で頑張っていきます!

また、最近特に感じているのは先輩後輩のマネージャーの存在の大きさです。
この1か月間でも何度も助けらました。まだまだ自分のことで手一杯で、後輩に支えられてもらってばかりですが、後輩たちが伸び伸びと成長できるように自分自身成長していければと思います。

バトンはもらえていませんが勝手に拾って次に繋げます!
次は最近、最新iPhoneをゲットした浦安ボーイの山本君に回します!

新年

 written by 鱒村 颯太 投稿日時:2023/01/22(日) 17:13

こんにちは。今年新4年になるFLの鱒村です。
 
新年あけましておめでとうございます。
自分は1月1日からコロナに感染してしまい不吉な年明けとなりましたが、
皆さんはよい新年を迎えられましたでしょうか。

今日は、院2年生と4年生の予餞会がありました。
去年のシーズンが終わってから自分たちの代に代わりチーム作りを頑張っていますが、今日の予餞会で今一度自分たちの番が来たことを実感しました。自分は大学に入った際に、部活が練習をほとんどできていないことを聞いてラグビーへのモチベーションが湧かず、1年生の時は入部しませんでした。そんな中先輩方は、ラグビーへの熱意を失わずに目標へ向かってラグビーをやってきました。そのことは素直に尊敬します。そんなラグビーへの熱意を自分たちが受け継ぐ時が来たのだと思います。

自分は、今年度FWリーダーを担当することになりました。
去年もセットプレイは何度も課題になりました。今年は去年に比べてもサイズが小さく、厳しい戦いになると思います。
去年のシーズンの悔しさをバネに、チームの目標を達成できるようキャプテンとともに頑張っていきたいと思います。

新体制に向けて

 written by 池田 琉人 投稿日時:2023/01/19(木) 22:30

年末、ずっとダウンしていた石井君からバトンを受け取りました、池田です。


現在、オフシーズンですが研究室の業務でかなり忙しい日々を過ごしています。
11月から12月の間、研究室、部活、バイトでかなり無理をしてしまい、38℃くらいの熱がでたり、
咳が止まらなくなったりなどずっと体の不調がありました。
正直、シーズンに入ってさらに忙しくなると思うと本当にやっていけるのか不安になっています。


また、自分は分析班の担当となりました。前回の都立大戦でのラインアウトで分析で負けてしまったのを反省して
今年は分析面でも充実させたいと思っていますが、具体的にどうすればいいのかまた、目的や方法が部活のメンバーに
きちんと伝わっているのか、はたして効果があるのかと企画を立てる上でとても多くのことを考える必要があり、大変です。


そんな中でも同期が部活のために頑張っているのを見ると自分もやらなきゃなと感じます。
とにかく今年は怪我や体調不良のないように息の長いラグビーを続けていきたいです。

次は九州男児の鱒村君にバトンを渡します!

集大成

 written by 石井 大智 投稿日時:2023/01/17(火) 17:00

初めて出会った時から顔も体も大きくなった青山ボーイ主将岡山君からバトンを受け取りました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





どうも皆様お世話になっております。





新年度副将を務めます。石井大智です。



ポジションはSOをしています。








一番のコロナ禍中で入学した私らの世代はサークルなどの課外活動の団体に入っている人が大学生全体として見ても少ないように感じる。



自分自身、高校卒業した直後は「ラグビーを大学でも続けるぞ」と意気込んでいたものの、コロナによる空白の数ヶ月の間にその気持ちはいつの間にか小さなものになっていた。





・通学には1時間半以上かかる。

・ラグビー部は朝練もあって始発通学になる。

・怪我のリスクもある。






これらの懸念はコロナ禍で一日中家にいるような生活を送っていた私にとっては中々受け入れ難いものだった。










銭湯仲間の私大に行った高校同期の大学の話を聞くと、大学生は遊んで、遊んで、飲んで、飲んでという生き物なのだろうかと思うこともあった。

大学生は人生の夏休みという言葉を聞く機会もあった。

だから、そんな楽である人生の夏休みを捨て、週5回も練習のある体育会ラグビー部への入部を決めるのにはコロナ禍で怠惰な生活を送っていた私にとってかなりの勇気がいることだった。









じゃあなぜ入部したのか?









それは、2人の友人(山上君、大池君)のおかげである







高校同期で現在は北海道大学の硬式野球部に所属し、大活躍している山上君に言われた一言。













「今が人生でスポーツに本気で打ち込める最後のチャンス」











このさりげない彼の一言を聞いて入部を迷う理由は無くなった。







また、偶然同じ学部で既にラグビー部に入部していた大池君からの長くに渡るうざいくらいの勧誘(笑)やジョニー、ソラオ、ダイ達のそれとないいつもの雰囲気がなかったら私は入ろうと決めきれなかったかもしれない。











さて山上君の言葉を残念なことに今回リレー日記を書くまでの丸々3年の間忘れてしまっていた。





入部してからこれまで果たして本気で打ち込んでこれたのか?決してそんなことはないだろう。









ちょっと変わった同期のみんな、大好きなラグビー、ラグビーを通して出会えた人々、チーム全員もう誰ひとり、なにひとつ欠けること無くリーグ戦を勝ち上がり少しでも長く過ごしたい。











高校から始めたラグビー。高一の頃は痛くて、傷ができるのが嫌で(固い土グランドだった影響もある)大嫌いと思い、「辞めたい」なんて考えた時期もあったけれど。気づけば「大好き」になったラグビー。その集大成となる1年間。そのためにもこの1年間くらいは必死に走り続けたい。誰よりも先に立ち上がって走り続けたい。







本気で打ち込める最後のチャンスだ。






10ヶ月後、みんなで勝って泣こうぜ!!!!!!















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







岡山君からもらったこの大切なバトン。年末ずっと、ずっと、ずっと咳をしていた池田君にバトンを回したいと思います。気づいたら俺も咳止まらなくなっていたよ。血液検査2回、コロナの検査3回、インフルの検査一回、溶連菌の検査2回、尿検査一回されたけど、全然根に持ってないからね(^ ^)
























 
«前へ次へ»

<< 2023年2月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2023年2月

<<前月翌月>>
2023/02/05(日) 14:00
シーズンオフに入って
2023/02/02(木) 20:38
上級生
2023/02/02(木) 01:10
何者でもない

ブログテーマ