ログイン マイページ レイアウト

2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記

新入生が入部して

投稿日時:2018/05/24(木) 12:53


こんにちは、二年マネージャーの棚澤です。

気付けばもう二年生の第一クオーターも終わりに近づき、来週から期末テストが始まってしまいます。二年生に上がってから今までの二ヶ月弱は思い出すと新歓や授業、レポートをこなしていたら一瞬で過ぎてしまったように感じます。

さて、新入生が入部してから一ヶ月が経とうとしていますが、改めて東工大ラグビー部に入部してくれたことに感謝しています。それは数ある部活、サークルの中からラグビー部を選んでくれたことが嬉しいということももちろんありますし、個人的に一年生からとても良い影響を受けていると感じるからです。
よく人に教えるためにはその人の何倍も理解していないといけないというように、マネージャーの仕事面でもラグビーの理解の面でも、一年生に教えるにあたりまずは自分が正しく認識出来ていることが必要になります。その中で自分の理解不足を再認識することが多く、結果もう一度自分で確認して自分の理解が深まることにも繋がっています。
また、これはマネージャーの先輩が言っていたことでもありますが、後輩の成長というものはとても早く感じるものです。この間出来なかったことがもう出来るようになったと感じることも多く、それに対して自分は成長出来ているのか、同じ場所にとどまっていないかと焦りを感じつつもっと頑張ろうという気になります。
このように後輩の存在は先輩にも新鮮で良い影響を与えてくれます。入部前にも、もう後輩が出来るのだから先輩として誇れるよう自立したいと感じていましたが、実際に新入生が入部してからはそれ以上に自分にとってもプラスになっていると感じています。

丁度私が入部してから一年が過ぎ、仕事にも慣れてマンネリ化を感じてしまう時期ですが、ここで止まるのではなく常に進化していきたいと思います。


 
 

トラックバック一覧

<< 2018年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

この記事を書いたメンバー