ログイン マイページ レイアウト

2020年度 リレー日記 2020/12/4

最終戦

 written by 石原 啓介 投稿日時:2020/12/04(金) 19:34

3年石原です。



今週日曜にリーグ戦の最終戦があります。当初の予定の半分に減ってしまいましたが、こんな状況にも関わらずに試合をさせてもらえることをありがたく思いながら臨んでいきたいです。そもそもリーグ戦自体ができないかもなんて話もあったそうで、そう考えると2試合もできるのは大変運が良かった?ように思います。

最終戦絶対勝って今シーズンを締めくくりましょう。

3年目のリーグ戦

 written by 松永 葵 投稿日時:2020/12/04(金) 17:24

今年は、まさかということがたくさん起こりました。

まさか部活ができないなんて、
春休み、今シーズンに初めて監督が指導してくれた練習を最後に、学校のグラウンドでの練習はできなくなりました。

まさか授業やトレーニングをオンラインで行うなんて、
家から一歩も出ずにたくさんの人と画面上でつながり、昨年度まででは考えられないようなことまで一人で過ごしながら行う日々が続きました。

まさか合宿に行けないなんて、
春に行なえなかった授業や実習が夏休みに延期され、せっかく再開した部活もほとんど行けませんでした。

まさかリーグ戦ができるなんて、
このような状況の中、様々な方の努力のおかげでリーグ戦が開幕されることが決まりました。

そして今、リーグ戦が始まってからも様々な想定外のことが起こります。
その度に、私たちがこうして部活動を行えていることは、本当に複雑な事象が絡み合い、いろんな努力や思いがあってはじめて成り立つものであると改めて感じます。
トップチームの選手や監督もおっしゃっていますが、このような状況で試合を行えることに感謝、そして、それに恥じない活動をしよう、と心の底から思います。

とはいえ、私はプレーをするわけではありません。
こんな自分がチームのために、何の役にたっているのだろうと疑問に思い、部活を続けることに対して嫌になることもありました。
けれど、この一年でゆっくり一人で考えてみることや、部活から少し離れて大学での班活動での実験・実習やインターンでの経験を通して、いかに組織にとってマネジメントが大切であるのか知りました。そして、マネジメントといっても、私がこれまでの3年間でやってきたことでは到底足りず、もっともっと自分自身を高めなければとやっと気づきました。
この部活は、いかに自分自身にとって貴重な体験であり、力を出し切り高めるチャンスであると思います。

今できることは何か、次の試合に全力で取り組むことだと思います。
これが来年や自分の将来にもつながると信じて
がんばります。

<< 2020年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年12月

<<前月翌月>>
2020/12/06(日) 08:22
僕のラグビー
2020/12/06(日) 06:12
最終戦
2020/12/06(日) 06:03
今シーズンの終わり
2020/12/05(土) 23:20
ラグビーというスポーツ
2020/12/05(土) 22:41
引退の実感が湧かない。
2020/12/05(土) 22:20
信は力なり。
2020/12/05(土) 21:18
短く、簡潔に
2020/12/05(土) 17:01
最後の試合
2020/12/04(金) 19:34
最終戦
2020/12/04(金) 17:24
3年目のリーグ戦
2020/12/02(水) 19:13
リーグ最終戦