ログイン マイページ レイアウト

ブログ 正木 駿兵さんが書いた記事

次へ>>

終わりある旅[2021年度 リレー日記]

 written by 正木 駿兵投稿日時:2021/11/12(金) 00:37

こんにちは。3年の正木です。



順番的に次は南山くんだったのですが、書き終わらないとのことで僕が先に書きます。順番を譲るくらいなのでかなりいい文章を書いてくれると期待しています。



 



昨日は筋トレ隊長伊藤くんの誕生日だったので、彼の家に突撃してプチ誕生会をしてきたところです。といっても映画見てゲームしただけですが…(ヴェノムめっちゃおもしろかったです)



 



友人の誕生日になると、どうしても自分の歳について考えてしまいます。大学生になってから、本当に時の流れが早く感じます。ついこの前大学に入学した気がするのですが、いつの間にか3年生、上級生という立場になっていました。



 



自分は、靭帯の怪我で長く部活に参加できていなかったということもあり、正直先輩としてチームを引っ張っていこうという意識があまりありませんでした。そのせいで先輩や同期に負担をかけてしまったことがすごく情けないです。



僕らの代は人数が多いけど、全員が「自分が引っ張っていこう」という意識を持たなければ良いチームにはならないと思います。



靭帯の怪我はほぼ完治したので、こっから心入れ替えて残り2試合全力で頑張りたいです。

今できることをやろう[2021年度 リレー日記]

 written by 正木 駿兵投稿日時:2021/08/08(日) 23:15

こんにちは。3年の正木です。
2Qが終わり、夏休みに入りました。個人的なことを言うと、火山学をおそらく落としてしまいました。わざわざ練習を休み、8000円も払って巡検に行ったのに…勉強もですが、まずはわからないところを聞ける友達作りから頑張ります。
さて、春から新チームがスタートし、ようやくチームとしての課題や目標が見えてきたかという時に、まさかのグラウンド使用禁止、合宿も中止になってしまいました。試合経験の少ない我々にとって、ここでチームとして集まって練習ができなくなるのは他チーム以上に痛手です。しかし、秋に公式戦があることは変わらないので、それぞれができることをしなければなりません。試合経験が少ないならプロの試合を見てイメージを高める、体重が足りないなら食トレ、筋トレをする。
この時期を無為に過ごすか、それともそれぞれが目標をもって過ごすか、今こそ東工大ラグビー部の真価が問われています。次にチームで集まるときには、ラグビー理解、体重、筋力どれをとっても成長しているよう頑張ります。

リーグ最終戦[2020年度 リレー日記]

 written by 正木 駿兵投稿日時:2020/12/02(水) 19:13

こんにちは
2年地球惑星科学系の正木駿兵です

さあ、ついに来週の日曜日は3部リーグ戦の最終節となりました
3部優勝という今年度の目標は残念ながら達成できませんでしたが、優勝できるポテンシャルがあったことを証明するためにも最終戦、絶対に勝たなければなりません
試合に出るメンバーも出られないメンバーも勝利に向け気持ちを一つにして臨みたいと思います

さて、私個人としては来年試合にどうしたら出場できるのかを常に考えています
大学からラグビーを始めたのでスキルの面では経験者に劣っている部分も多いです
しかしその分伸び代は誰よりもあると思っています
圧倒的努力量、筋力で他のBKを圧倒し、ゆくゆくはプロップがいなくなったとき代わりに出場できるくらいまで筋力を伸ばします
具体的な目標で言えば、今年度中にベンチプレス100kg、スクワット150kg、デッドリフト160kgを目指します
達成できなければ丸刈りにする覚悟です
東工大は他校に比べて筋力で劣っています
私がこの東工大ラグビー部を変えて見せます
 

スキー楽しい[2020年度 リレー日記]

 written by 正木 駿兵投稿日時:2020/03/16(月) 21:21

皆さんこんにちは。正木です。春から二年生になります。



コロナウイルスの影響で三月中の部活動がなくなり、暇すぎて行ったスキー旅行の帰りのバスで書いております。



年度が変わるということで、この一年を振り返ってみました。簡潔に言えば、大学に入ってからの一年間は、高3の頃に感じていた勉強の面白さを忘れ、代わりにラグビーというスポーツの魅力に気付いた、そんな一年でした。



それまでやってきたサッカーに比べて、ラグビーの方が面白く感じる理由を考えてみた結果、圧倒的一位は常に15人全員が集中していないといけない、ということです。特にDFの時。サッカーはチャンスの時はGKの仕事がなかったり、ピンチの時はFWがサボったりするのに対して、ラグビーは1人でも気を抜けば、そこを崩されて即失点です。トイメンには絶対負けないとそれぞれが思い、全員で守ってる感じが好きなんです。



ラグビーばかり褒めてしまったので、最後にサッカーのいいところも言っておきます。サッカーは、おしゃれなプレーがかっこいい。股抜きとか、エラシコとか見ててゾクッとします。ロナウジーニョのスーパープレイ集とかYouTubeで見てみてください。



ラグビーでも相手の股を通してDGとか決めてみたいもんです。

成長[2019年度 リレー日記]

 written by 正木 駿兵投稿日時:2019/10/21(月) 14:31

1年の正木です。



いよいよベスト4が揃い、さらに盛り上がりを増しているW杯ですが、これまで感心するプレーがいくつも見られました。強いチームのSHを見ていると、常にチャンスを窺って最善の選択をしているプレーはとても参考になります。特にニュージーランド対アイルランドの試合でのアーロンスミスのパフォーマンスには驚かされました。色々な試合を見て、プレーの幅を広げていきたいです。



先日、高校時代のサッカー部の同期と集まりフットサルをしました。サッカーボールを触るのは久しぶりで下手くそになっていないか不安だったのですが、フィジカルでは勝てなかった友達に当たり負けしなくなっていました。入部して初めて自分の筋力が上がっていることを実感し、日々のトレーニングが身に付いているなと思える出来事でした。

今後も伸び率では誰にも負けないよう、パス練やウエイトトレーニングを継続していこうと思います。
次へ>>

<< 2022年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

2022年5月

<<前月翌月>>
2022/05/14(土) 18:56
岡村の目標
2022/05/13(金) 09:58
MISSION
2022/05/09(月) 11:30
大学生活の思い出

ブログ最新記事