ログイン マイページ レイアウト

ブログ 棚澤 未来さんが書いた記事

次へ>>

伝え方[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 棚澤 未来投稿日時:2018/10/05(金) 12:00



こんにちは、2年マネージャーの棚澤です。リーグ戦も今週で第3節を迎えます。去年はただただ目の前の試合で失敗をしないようにしなければという気持ちで一杯一杯でしたが、2年目の今年は去年とはまた違う緊張感の中で試合に臨んでいます。


さて、最近よく考えるのは理想のマネージャーとはなにかということです。これはそれぞれ個人で意見が違うと思いますし、良し悪しを評価する尺度も定めるのが難しく、正解はないと思います。私個人としては理想のマネージャーとはチームを勝たせ続けられるマネージャーだと思っています。マネジメントの良し悪しが試合の勝敗に直接影響しているとは考えづらいですが、たった一度勝利するだけではなく勝ち続けるチームにはやはりマネジメントの成果もあるのではないでしょうか。

先日といってもかなり前ですが、帝京大学のラグビー部を栄養士として支え続けていた虎石さんの本を読みました。帝京大学の栄養を管理していらしたので、栄養管理には高度で複雑で特別な秘密があるのだろうと思っていたのですが、意外にも虎石さんが大切にされていたのは「伝え方」という点でした。もちろん栄養の知識はとても豊富ですが、それをただ伝えるだけではなく、一人一人とコミュニケーションを取り、情報を厳選して個人に合わせて必要なことだけ伝えるというのは、全体にただただ情報を流すよりも遥かに難しいと思います。
これは勝ち続けているチームが長年試行錯誤した結果大事にしていることであり、虎石さんの栄養管理は理想のマネジメントに近い形の一つなのだと思います。

監督から前に「人の行動を変えるにはまず相手の心を変えなければならない」という話がありましたが、これも相手への伝え方が大事なのだと思います。ただ伝えるだけではなく、相手が行動に移そうという気になるように伝え方を工夫していきたいです。

コミュニケーション[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 棚澤 未来投稿日時:2018/08/27(月) 23:12


2年マネージャーの棚澤です。


今年の合宿は4泊5日と去年よりも短く、あっという間に終わってしまったように感じます。


さて、今年の合宿では私は主に栄養面で選手をサポートすることが多かったです。その中で感じたのは理想と現実は違うということです。理論的には体に良い効果があると言われている補食だとしても実際に選手の口に合うかどうかで試合や練習のパフォーマンスは大きく変わってきます。結局余計なことをするより試合でも慣れ親しんだドリンクをいつも通り入れたほうが選手のストレスが少ないというのも一理あると感じ、マネジメントの難しさを再認識しました。と同時に選手とマネージャーでのコミュニケーションの大切さも感じました。感想を何となくでも伝えてもらえるだけでマネージャーの想像だけでは気づかなかった新たな気付きがあると同時に今後の修正もしやすかったです。今回の合宿ではコミュニケーションがテーマになることが多かったように感じますが、選手間だけではなく選手とマネージャー間のコミュニケーションももっと増えると良いと思いました。


リーグ戦まで後一ヶ月もないですが試行錯誤をしながらも初戦で選手が最高のコンディションで試合に臨めるようサポートしていきたいと思います。


また、個人的には今回の合宿で車の運転ができず、役割分担を決める際にも運転ができないことで役割に制限があり、他のマネージャーさんにも迷惑をかけてしまったと感じています。来年の合宿では今年の分まで貢献できるよう来年までに沢山練習したいと思います。
 

マネージャーさんとの交流[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 棚澤 未来投稿日時:2018/07/25(水) 12:00

 



こんにちは、2年マネージャーの棚澤です。

 



東京では今日も猛烈な暑さが続いています。



私は先週私用で海外にいたのですが、帰国時に日本の暑さに驚きました。夜になっても一向に気温が下がらず、とても不快です。今週末はあいにくの雨のようですが、気温は30度にいかないようで少しは快適に(?)過ごせるかもしれません。



さて少し前のことになりますが、春シーズンを振り返ると個人的には他大のマネージャーさんとの交流が多かったように感じます。東工大が定期戦を行なっている他大学の同期マネの方々は私と同じでマネージャーが学年に1人という方が多く、とても仲良くなることができました。マネの方たちと話していて感じたこととしてはどこの部も完璧ではなく、それぞれに課題があるということです。東工大が秋シーズンに向けて改善しなければいけない点についても、他大ではどのようにマネジメントしているのか聞くことが出来、とても良い機会でした。定期戦は他大の方と交流が出来る貴重な機会なのでマネージャーの方々との繋がりも大切にしたいと思いました。





折角他大のマネージャーの方からアドバイスもいただいたので夏オフを無駄にすることのないよう、勝つためのマネジメントとしてただやるだけではなく結果にこだわっていきたいと思います。




 

新入生が入部して[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 棚澤 未来投稿日時:2018/05/24(木) 12:53


こんにちは、二年マネージャーの棚澤です。

気付けばもう二年生の第一クオーターも終わりに近づき、来週から期末テストが始まってしまいます。二年生に上がってから今までの二ヶ月弱は思い出すと新歓や授業、レポートをこなしていたら一瞬で過ぎてしまったように感じます。

さて、新入生が入部してから一ヶ月が経とうとしていますが、改めて東工大ラグビー部に入部してくれたことに感謝しています。それは数ある部活、サークルの中からラグビー部を選んでくれたことが嬉しいということももちろんありますし、個人的に一年生からとても良い影響を受けていると感じるからです。
よく人に教えるためにはその人の何倍も理解していないといけないというように、マネージャーの仕事面でもラグビーの理解の面でも、一年生に教えるにあたりまずは自分が正しく認識出来ていることが必要になります。その中で自分の理解不足を再認識することが多く、結果もう一度自分で確認して自分の理解が深まることにも繋がっています。
また、これはマネージャーの先輩が言っていたことでもありますが、後輩の成長というものはとても早く感じるものです。この間出来なかったことがもう出来るようになったと感じることも多く、それに対して自分は成長出来ているのか、同じ場所にとどまっていないかと焦りを感じつつもっと頑張ろうという気になります。
このように後輩の存在は先輩にも新鮮で良い影響を与えてくれます。入部前にも、もう後輩が出来るのだから先輩として誇れるよう自立したいと感じていましたが、実際に新入生が入部してからはそれ以上に自分にとってもプラスになっていると感じています。

丁度私が入部してから一年が過ぎ、仕事にも慣れてマンネリ化を感じてしまう時期ですが、ここで止まるのではなく常に進化していきたいと思います。


 
 

海外での試合[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 棚澤 未来投稿日時:2018/03/22(木) 21:17


こんにちは、一年マネージャーの棚澤です。

オーストラリア遠征に来てから4日が経ちました。今日は現地のラグビーチームと試合を行いました。
相手チームはかなり体つきがよくマネージャー内でも怪我の心配をしていましたし、自分も含め海外の選手と試合をするのが初めてなプレイヤーも多く試合前は不安でした。ですが実際試合が始まると、今までの練習の成果も出ており緊張感もあって個人的な感想ではありますが皆練習中以上の力が出せて良い試合だったと思います。また、海外の体の大きな選手と実際に試合をしたことで選手の自信にも繋がったと思います。

明日の朝練はプールで行うそうです。プールでの練習はしたことがないですし、今後もそうそうあることではないと思います。プール練に限ったことではないですが、一回一回の練習がとても貴重であることを心に留めて明日からの練習に臨んでいきたいと思います。
次へ>>

<< 2018年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

2018年11月

<<前月翌月>>
2018/11/18(日) 08:35
最後
2018/11/16(金) 13:52
最終戦に向けて
2018/11/14(水) 21:35
思うこと
2018/11/12(月) 21:25
準備
2018/11/11(日) 21:18
楽しむ
2018/11/09(金) 16:34
最終戦
2018/11/09(金) 12:02
最終戦に向けて

ブログ最新記事