ログイン マイページ レイアウト

ブログ 平林 遼太郎さんが書いた記事

次へ>>

医療ドラマ[2020年度 リレー日記]

 written by 平林 遼太郎投稿日時:2020/04/17(金) 21:40

 東工大ラグビー部の平林です。最近はこういった状況でもあるので、家で一日を過ごすことが多いです。しかし、ありがたいことにゼミやバイトをオンライン上でおこなっているため、時間を持て余すことはない状態です。空いている時間で筋トレ等もおこない、充実した毎日を送っています。

 さて、今日は私がおすすめする医療ドラマについて書きたいと思います。私は普段からテレビを見る習慣がなく、ドラマ等も大して興味はありません。ただ、医療ドラマは昔から好きで、昔の医療ドラマをTSUTAYAで借りることもしばしばあります。今回は数ある医療ドラマの中から3点ほど紹介したいと思います。

 1点目は「ドクターx」です。これは医療ドラマとしては最も有名といっても良いかもしれません。米倉涼子演じる大門未知子が圧倒的なオペ技術を駆使し、様々な手術を成功させる医療ドラマです。大門未知子が手術を「失敗しない」ため、結末は分かっているのですが、なぜか見入ってしまいます。私はこのドラマ中に出てきた名言がとても頭に残っています。
「川の水が流れるように基本手技を反復し、美しい最終術野を作る」
どのような事にも、基本的な動きというのはあります。例えば、ラグビーでいうとタックルの姿勢やボールの持ち方です。上達していくにつれて、それらはおろそかにされがちですが、とても大切です。この名言から、何事においても基本を自分の体にしみこませることが何よりも大切ということを改めて気づかされます。

 2点目は「ラストホープ」です。高度先端医療センターに所属する6人の医者がそれぞれの専門知識を使い、重篤な患者を助けていくドラマです。6人の医者はそれぞれ暗い過去を持っており、個性が強いです。そんな彼らが、タイトルの通り患者にとっての最後の希望になるべく奮闘するストーリーになっています。このドラマから学べることは一人一人の個が強く、集団として不適合な人が多くても、目標さえあれば団結できるということです。特に東工大ラグビー部の面々には集団に不適合な人が多いため、ぜひ見てもらいたいです。

 3点目は医療ドラマで私が最も好きな「医龍」です。天才外科医・朝田龍太郎が優秀なメンバーを集め、難手術を成功させるドラマです。他の医療ドラマと大きく違うところは医師一人ではなく、医療チームに焦点を当てている点です。手術は執刀する医師だけではなく、器械出し看護師、麻酔科医、臨床工学士など様々な人の息が合ってなければできないというのが良く分かります。これはラグビーにも当てはまると思います。ラグビーは1人スーパースターがいても、必ず勝てるとは限りません。チームで意思を統一することが大切です。「強いチーム」とはどんなチームなのかを考えさせるドラマです。(このドラマに出てくる麻酔科医・荒瀬門次がめちゃくちゃかっこよくて好きです。笑)

 今回挙げた3点以外にも「コードブルー」や「JIN-仁-」、「DOCTORS~最強の名医~」など良い医療ドラマはたくさんあります。家で過ごす時間が多い今こそ、見てみてはいかがでしょうか。
 

3部優勝に向けて[2020年度 リレー日記]

 written by 平林 遼太郎投稿日時:2020/01/30(木) 14:49

 3年の平林遼太郎です。
 今はオフ期間であり、リーグ戦期間中程動いていません。そのせいもあってか、体脂肪率が大幅に増えてしまいました。友人に脂肪を落とすためにはランニングが一番良いという話を聞き、毎朝走ることを日課にしました。しかし、3日坊主となり、この1週間は1日も走っていません。朝は寒いかつ暗く、モチベーションが上がらないのというのが現状です。今週もまだ3日あるので、どこかで走れるようにしたいです。また、脂肪を落とすために走る以外で有効な方法があれば教えていただきたいです。 
 さて、新チームの体制が発表されました。自分たちの代が入学してから、リーグ戦では3位しか獲れていません。今年こそは必ず入れ替え戦出場を達成するために、リーグ戦3部優勝という目標を立てました。目標を立てたからにはその目標に向かって行動しなければならないと思っています。各々が例年以上の筋トレや練習をする必要があります。そして、各々がレベルアップしなければなりません。それを新4年生が示していきたいです。1年後に目標を達成できているように1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。
 

去年と今年のリーグ戦[2019年度 リレー日記]

 written by 平林 遼太郎投稿日時:2019/09/12(木) 20:53

 3年の平林遼太郎です。

 リーグ戦開幕まで残り4日となりました。日々の練習の中でも、リーグ戦の試合を意識することが多くなってきました。去年のリーグ戦を振り返ってみると、一つ一つのプレーでいっぱいいっぱいだったという思い出が多々あります。試合中はM2、M1、4年、3年の先輩方に助けてもらってばかりでした。今年は1年生で試合に出ている選手も多く、助ける側の選手にならなければいけないと思っています。チームが大変なときに助けられるようにしたいです。
 プレーの面では、今年は頭をクリアにしてプレーできていると思います。時間帯、点差、天候、各々のプレイヤーの疲労具合、相手の心理等様々なことを考慮しながらサインを出すことができています。また、今年はBKのサインアタックのシートをつくりました。シートを作ることにより、自分たちが持っているサインプレーの選択肢を整理することができるよい機会となりました。後輩たちには今後も続けてもらいたいです。

 今年の1年生はプレーヤーの人数も多いですが、マネージャーの人数も多い代となりました。マネージャーの人数が増えることにより、一つ一つの運営やミーティング、練習が滞りなく進んでいることを実感しています。また、マネージャーと話をしていると、部活をよくしたい、という思いがとても伝わってきます。最近はそれに刺激され、自分も頑張らなければと思うことが多々あります。マネージャーの大変さが年を追うごとに分かってきました。チームのためにしてくれた仕事に対してお礼をすることを欠かさずにしていきたいと思います。

 皆一丸となってリーグ戦に向かえば必ず入れ替え戦に出れると思います。リーグ戦開幕までの残りの日を大切に過ごしていきたいと思います。

リーグ戦へ[2019年度 リレー日記]

 written by 平林 遼太郎投稿日時:2019/08/25(日) 12:30

3年の平林です。

菅平合宿も残り2日となりました。この合宿で大きく変わったことは一人一人が考えて行動するようになったということです。マネージャー含めた部員全員が自分の役割を認識できるようになってきました。この調子で最後まで乗り切りたいと思います。



自分はスタンドオフとしてまだまだ足りない部分があるということを日々の試合で実感しています。リーグ戦初戦までにその足りない部分を少しでも補えるように日々の練習を大切にしていきたいです。



去年、一昨年のリーグ戦は先輩方に助けていただいた思い出があります。今年のリーグ戦は後輩達を引っ張るようなプレーができるように頑張りたいと思います。

春シーズン[2019年度 リレー日記]

 written by 平林 遼太郎投稿日時:2019/05/12(日) 19:15

3年の平林です。

 2月のoff期間で大学で部活を続ける意味について考えることが多くありました。高校の友達や周りの友達には「なんで大学に入ってまで部活を続けるの?」とよく聞かれます。確かに大学で部活を続けることは非常に大変です。バイトや勉強との両立が難しかったり、友達と旅行等に行く機会も制限されます。しかし、自分の中では部活というものが自分を最も成長させる活動の一つだからだと考えています。体を鍛えたり、技術を磨くといった身体的な成長だけではありません。部活の運営のやり方だったり、他人とのコミュニケーションの取り方だったりと社会に出てからも必要だと感じる能力が鍛えられている感じがします。また、人同士の結びつきの強さも部活をやっているからこそ得られるものだと思います。練習が大変で一つ一つの辛さや楽しさ、喜びを分かち合っているからこそ濃い人間関係になっています。ただサークルに入っているだけではこの関係にまではなれないと思います。このように部活に入っているということで大変な側面もありますが、得られるものもたくさんあります。大学で部活を続けられるという今の環境に感謝したいと思います。そして、一回一回の練習、試合、ミーティングを大切にしていきたいです。

 さて、先日2019年度の新歓が終了致しました。結果から言うと、プレイヤー14人、マネージャー5人の合計19人の1年生が入部を決めてくれました。正直、こんなにたくさんの1年生が入ってくれるとは予想していなかったのでとても驚いています。実は自分は人の名前を覚えるのが苦手です。GWの練習でも何度か1年生の名前を間違えてしまいました。なるべく早く全員の名前を覚えられるようにしたいと思います。人の名前を覚えるコツを知っている人は教えてください!
 
次へ>>

<< 2020年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ