ログイン マイページ レイアウト

ブログ 白石 慧さんが書いた記事

次へ>>

月並みなタイトルは嫌だが中々思いつかないという月並みなくだり[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 白石 慧投稿日時:2018/12/20(木) 16:59

お久しぶりです。2年の白石です。

前回のリレー日記から期間が空いて仕舞い、ご心配をお掛け致しました。

単位を落としたり、怪我をしたり、単位を落としたりと常人ならば恐らく堪えられぬイベントが数多御座いましたが、ラグビー部に鍛えて頂いた鉄の心で乗り越えて参りました。

ただ、他の部員からリレー日記でも学年でも周回遅れになりかけて居りますので、堪えるのみでなく追いつけ追い越せの姿勢で精進したいと思います。



さて、2018年も師走に差し掛かり、東工大ラグビー部の平成最後となるシーズンが終わろうとしています。

今年を振り返ると、東工大の強みが空回りしてしまったシーズンであったと感じます。

そもそも東工大が何故部員数や身体の大きさ、スキルで劣る相手に対して勝てるのか、それは我々は思考力、理解力、記憶力で勝るからです。つまり、考える事が東工大の強みなのです。

オーストラリア遠征、夏合宿の最終戦、思い返せば我々が力を出せた時は、1つ1つの練習や試合中のプレーに対して「なぜそれをするのか」自分なりの理解がある時でした。特に、その活動が確実に勝利に繋がると実感出来た時、団結を感じました。

しかしながら今シーズンは、チームが共通認識を持てなかった事も有りますが、部の活動を決定する上で徹底されるべき「なぜそれをするのか」と考える過程が疎かに成って仕舞ったように感じます。「考えなくて良いからやれ」と言う方針では、部員のモチベーションは下がります。増して、幹部が「監督が言ったから」等と口にするのは論外です。なぜ監督はそう言ったのか考え、解らなければ聞けば良いのです。いずれにせよ、指示を出す側の人間が「なぜそれをするのか」解らないのは、組織として致命的です。

3月のオーストラリア遠征ではクレイグやアンダーソンらコーチ陣は説明に最も時間を割いていました。この事から我々は「考え理解する事」が最重要であることを学んだ筈です。

2019シーズンは我々の考える力を生かして、「なぜ」と問い続ける1年にしたいと思います。



最後に、私事では有りますが、東工大水泳部のブログも面白いのでおすすめです。

未投稿[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 白石 慧投稿日時:2018/10/01(月) 12:00

記事が投稿されていません。

人にデブと言う奴がデブ[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 白石 慧投稿日時:2018/07/21(土) 13:39



2年の白石です。

まさに夏真っ盛りの日々が続いていますが、私の住む埼玉県で遂に41.1℃の観測史上最高気温が記録されました。世界を見ても、最高気温が40℃に達しているのは中東の国々か埼玉県ぐらいです。もはや埼玉県は人の住む場所では無くなりつつあるのかも知れません。

しかし、そんな猛暑を東工大ラグビー部はチャンスと捉えています。春シーズンを終え暫く試合が無いこともあり、最近はフィットネス中心の練習メニューを行っています。灼熱地獄と化した人工芝の上で走り込む事で、80分間運動量を落とさず走りきれる体を作る事が目的です。私の春シーズンの個人的反省として、後半に運動量が落ちる試合が多くなってしまいました。オールブラックスやワラビーズなどの世界の強豪はロックがボールやラックに絡む回数が圧倒的に多くなっており、それがチームの強さに繋がっています。私もこの夏でしっかりと持久力をつけ、チームの中核に成れるように頑張ろうと思います。

さて、東工大ラグビー部では練習の前に毎回体重を計っているのですが、私はこの頃100㎏を切らなくなりました。ラグビーをする者としては喜ばしい事ですが、家でこの事を家族に話すと「デブじゃん」だの「トドかよ」だのと言われてしまうのです。世間一般ではやはり゙100㎏゙という数字はデブの象徴なのでしょうか。100㎏の人間は絶対的にデブなのでしょうか。私はこの悪しき偏見に僭越ながらラガーマンを代表して物申したい。



゙デブ゙ではなぐデガなのだと。



私は偏見に負けず胸を張って105㎏を目指したいと思います。

初夏の風に乗れ[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 白石 慧投稿日時:2018/05/26(土) 13:22





こんにちは、二年の白石です。







夏の気配がだんだんと濃くなってきた今日この頃ですが、ラグビー部に入って初めて怪我をしてしまいました。



オーストラリア遠征で体重が増えたと喜んでいたのもつかの間、腰が悲鳴を上げました。



幸い大きな怪我ではありませんでしたが、骨に負荷が掛かり激しい痛みがありました。







トレーナーとストレッチ等のリハビリを行い、今週から練習に復帰しています。



今後は体幹を中心に筋力を鍛え、体重を支えられる体作りを行いたいと思います。











ところで、話は変わりますが、最近洋楽を聞くことがマイブームになっています。



普段の生活で耳に残った曲を探して聴いていますが、正直なところ歌詞はほとんどわかりません。



しかし、ノリノリなメロディーを聴くと気分が盛り上がり、日々のストレスから解放されるようです。



メロディーだけで心を動かすことができる音楽は、言語をも越える大発明なのだと実感しています。



今は洋楽をきっかけに留学生の友だちを作ることが目標です。











さて、東工大ラグビー部は今、春シーズンの真っ只中にいます。



試合を重ねていく中で感じたことが、リーダーシップが足りないと言うことです。



上級生下級生、スキルの優劣に関わらず、精一杯プレーし精一杯やっている自分にプライドを持つことが大事だと思います。



ひとりひとりが「自分がチームを作る」という前提を持つことがリーダーシップなのだと思います。



誰かの作るチームに選手が属しているのではなく、選手自身がチームなのだと僕は考えています。



4月から先輩と呼ばれる立場になり、いよいよ自分も「チームを作る」と言うことを真剣に考えなくてはなりません。



東工大ラグビー部も自分もまだまだ強くなれると思うので、秋に向けて強いチームを作っていきたいと思います。

オーストラリア遠征[リレー日記]

 written by 白石 慧投稿日時:2018/03/20(火) 20:30



こんばんは。一年の白石です。



僕は今オーストラリアにいます。

オーストラリアは現在残暑の季節なので非常に暑いです。

かき氷を食べたいのですが、もちろんそんな物はありません。



オーストラリアは日本より信号が少ないです。

ぐるぐる回って行きたい道に行く、パリの凱旋門周りの道を小さくしたようなものがたくさんあります。

止まらずに運転できるのでドライバーのストレスは少ないと思います。

ただ、歩行者からすると、車がどこで曲がるのかが分からないので非常に怖いです。



一番苦労している事は、ウォシュレットが無い事です。

トイレットペーパーにも問題があります。まず、巻き取る方向が日本と90度違いカセットテープのように壁に2つ取り付けられており、非常に取りにくいです。さらに、紙質が硬くなかなか拭き取れません。

とにかくトイレ事情がしんどいです。



日曜日に日本に帰ります。
次へ>>

<< 2019年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

2019年1月

<<前月翌月>>
2019/01/23(水) 10:07
今年のテーマ
2019/01/21(月) 10:35
2019年のはじめに
2019/01/18(金) 17:54
2019年
2019/01/12(土) 22:12
2019新年
2019/01/09(水) 08:42
今年の抱負

ブログ最新記事