ログイン マイページ レイアウト

ブログ 柳井 優作さんが書いた記事

次へ>>

チャレンジ[2019年度 リレー日記]

 written by 柳井 優作投稿日時:2019/11/26(火) 00:39

こんにちは、主将の柳井です。

東工大の2019年度シーズンが終わりました。

5勝1分1敗で3位入賞となりました。

最終2試合どちらかで、1点でも多く取ることが出来ていれば長年目標としている入れ替え戦に出場することが出来たため、大変悔しい結果となりました。最後の試合は自分が勝ちまで持っていかなければいけませんでした。

終わってみると、今まで自分の中にいたラグビーの虫が何処かへ飛んでいってしまった。そんな喪失感があります。



「あんなに悔しそうな泣き顔を見るくらいだったら、もっともっと追い込んであげるべきだった。」

高校の練習に顔を出した時、高校時代の恩師がこう語っていたことを思い出しました。

自分はキャプテンで指導者ではありませんが、この言葉がこの一年間ずっと胸にあったのにも関わらず、色んな意味で鬼に徹することは出来ませんでした。本当に弱い四年生でした。

今年を思い返すと、数の少ない四年生に対して、嬉しいことですが、まだまだ緊張感に欠ける一年生が沢山入ってきて、上にも下にも同期にも、このラグビー部には本当に個性的なメンバーが揃っていました。

朝練で人が揃った試しがあったでしょうか。こんなに一体感の無い体育会も珍しいと思います。キャプテンを拝任してから、心臓や胃が痛んだり、アラームをかけていないのに5時に起きたりすることが多かったです。最後までそんなチームでした。

でも、その中でM2の先輩方は練習中に発破をかけ、プレーで引っ張って下さり本当に本当に心強かったです。

主将という立場を退く今はそんな男になりたいと思っています。

こんなチームではありましたが、自分は東工大ラグビー部が大好きです。一緒にプレーをしていて、まあ負けて色んな気持ちもあるけど、何より楽しかった。毎年思っていますが、自分や誰かがトライした時の興奮は何物にも勝るもので、その度にラグビーを続けていて良かったなと思うのです。だから、院に行ってももう少しだけ、このチームに固執します。

ラスト1試合、大阪大戦。来シーズンにつながる試合です。まだまだチャレンジして必ずゲインします。



柳井

[2019年度 リレー日記]

 written by 柳井 優作投稿日時:2019/11/17(日) 19:55

こんにちは。主将の柳井です。



長い長い3部のリーグ戦もようやく残すところあと1試合になりました。

今日の駿河台大学戦を引き分けたため、入れ替え戦進出決定はお預けとなってしまいました。

その為、次の東京農業大学戦で勝つことが出来れば悲願の入れ替え戦出場を果たすと同時に東工大の優勝となります。

先輩達が繋いできたバトンをもらい、今年、優勝争いをするところまで来ました。全てのOBOGの方は応援に来ていただきたいです。



ラスト一戦、いや、次をM2の先輩達とやる最後の試合にしないために、持てる全ての力を尽くして戦います。そしてエクストラステージをエンジョイします。



柳井

思うこと[2019年度 リレー日記]

 written by 柳井 優作投稿日時:2019/11/02(土) 22:10

こんにちは、主将の栁井優作です。



 



色々なことを書かなければと思考をぐるぐる回しているうちに書きたいことがうやむやになってしまい、今回が久しぶりの更新となってしまいました。まとまらないので以下散文となりますがご容赦ください。



 



W杯日本大会の王者が南アフリカに決まりましたね。



今大会を通じて素晴らしいプレー、試合を沢山見させて頂きました。この大会中にラグビー部員としてラグビーに携わっている事をとても誇りに思える大会でした。



 



さて、自分はこれから防衛大学校とのリーグ戦第4戦があります。



この試合のために自分は1年間、いや4年間練習を重ねてきたといっても過言ではありません。



この試合が終われば自分は死ぬ、そんなことは多分無いんだけれども、ぼんやりとそんなイメージがまとわりつく様な感覚に陥ってしまいます。単に先の事を考えられないだけなのでしょうが。



 



自分は高校からラグビーをやっていますが、4年生の責任、重圧というものを自分が4年になって初めて分かりました。単に自分の器がコレに耐え切れないだけかもしれないですが。



気付くともう学部最後のリーグ戦も折り返しです。



このリーグ戦が始まるまではあっという間だったけどこのリーグ戦期間は人生で一番長く感じます。まだあと4試合もあるのかという感じです。



ここまでぶつぶつ言ったけど、分からんのです、結局やるしか無い、です。



命を削って最後にラグビー出来たら幸せかもしれません。でも冷静に。



風の強い日を選んで走ってきたと胸を張って言って引退出来る日まで。



 



柳井



 



 



 

ありきたりだけど1番思う事[2019年度 リレー日記]

 written by 柳井 優作投稿日時:2019/06/10(月) 23:30

お久しぶりです、柳井です。



3月末からスタートした学部生最後の春シーズンもあと1ヶ月となり、終わりが見えてきました。

振り返ってみると、今年は多くの一年生が入部しました。15対15のADが出来るようになり、部内が賑やかになり活気が出てきました。練習試合にも数人出ましたが、チームを救うプレーを見せてもらいました。一年生が入部する前の練習は人数が少なく出来ることも限られていたし、欠席者が多い日だと参加人数が10人にも満たないこともあり目も当てられませんでした。

だから入部してくれた一年生には心から感謝しているのです。

BKの一年生はラグビーに貪欲です。今はキックのスキルを上げようと特に指示を出さなくても、練習前後にグラウンドに長く居座ってクローズドスキルの反復を行っています。今は逆に上級生がそれに釣られて練習を行っている気がします。



さて、6月が終わるとあっという間に秋シーズンがやって来ます。

来るべきリーグ戦に向けて最高の準備が出来ているのか。

この問が今一度頭によぎりました。負けたくないって言葉は簡単に言えるし言ったらその気にもなるけど、それを実現出来る行動をすることは難しい。そこに勝負や責任が絡んでくると好きなことも息苦しく感じる。こんな事を改めて感じている最後の一年です。



残りの時間を悔いのないように過ごしたい。



ありきたりな言葉で締めてごめんなさい。



柳井

2019年のはじめに[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 柳井 優作投稿日時:2019/01/21(月) 10:35

お久しぶりです。新四年の柳井優作です。



徐々に新チームへの移行が始まっていき、この度自分は2019年度の主将を務めることになりました。



歴代主将の先輩方の姿が脳裏に焼き付いて離れず、まだまだその器にない事は重々承知しておりますが、その背中に追いつける様、責務を果たしていきたいと思います。



また、昨年度チームを引っ張って下さった一つ上の先輩方が抜けて自分達がチーム運営の舵を切る事になると、いかに先輩方に自分が甘えていたのかという事が分かります。



今年は特に力を入れなければならないと思っていますが、新歓ひとつ取っても予算の配分、イベントの企画準備など、細かい事にこだわっていくと大変な苦労、苦悩が生じます。



しかし新副務の二人のマネジメント力の高さを早々と感じ、また同期一同が真剣に取り組む姿がありとても心強く感じます。



この一年はチームの大きな目標達成のため、現時点で何をするべきか逆算し、新歓だけでなく細かいことにこだわりチャレンジしていく一年にしたいと自分は思っています。







柳井



 
次へ>>

<< 2020年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

2020年11月

<<前月翌月>>
2020/11/28(土) 22:14
ポジティブに生きる!
2020/11/28(土) 19:54
2年服部です。
2020/11/28(土) 05:00
「unlimited」
2020/11/26(木) 11:36
大戦に向けて
2020/11/25(水) 21:30
強くなれる理由を知った
2020/11/25(水) 21:01
あと2試合
2020/11/25(水) 19:54
心を燃やせ
2020/11/22(日) 19:46
ありがとう
2020/11/16(月) 21:20
初めてのリーグ戦
2020/11/16(月) 00:21
残り1ヶ月、去年以上に充実させたい
2020/11/14(土) 23:16
近所の人に引きこもりニートだと思われてる。
2020/11/14(土) 22:59
ただやるのみ
2020/11/14(土) 21:00
リーグ戦が始まりました
2020/11/06(金) 23:05
全力で
2020/11/06(金) 22:41
集大成
2020/11/06(金) 21:17
リーグ戦
2020/11/06(金) 17:59
さぁ、行こう
2020/11/05(木) 23:28
リーグ戦

ブログ最新記事