file_key_w.gifログイン tmp_icon_i_12.gifマイページ tmp_img259.gifレイアウト

ブログ 井上 京香さんが書いた記事

次へ>>

メリハリ[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 井上 京香投稿日時:2018/04/21(土) 11:57

3年マネージャーの井上です。



 



今日は明日のセブンスの大会に向けた練習を行いました。大会では何試合も行われ、ハーフタイムも短い為、いつも以上に臨機応変にすばやく対応することが求められます。マネージャー間でしっかりと連携を取って、選手が試合に集中出来るようにしたいと思います。



 



学校が始まって半月が経ちましたが、今は新入生を勧誘する時期でもあります。マネージャーの見学に来てくれた新入生と話す中で、自分が1年生のときに入部を決めた理由を聞かれることがあります。色々ありますが、その中の1つが練習時とそれ以外でのメリハリに惹かれたことです。



新歓は今の自分たちの状況を客観的に見つめる機会にもなります。今年の新入生にラグビー部に入りたいと思われるような練習であるよう、マネージャーの立場から出来ることをしていきます。

遠征2日目[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 井上 京香投稿日時:2018/03/20(火) 21:50

こんばんは。2年マネージャーの井上です。



他の人たちのブログにも書いてありますが、東工大ラグビー部はオーストラリア遠征に来ています。今日はオーストラリアに着いてから2日目で始めて朝練、午前練、午後練と3つのセッションをこなしました。オーストラリアは乾燥していて過ごしやすいと思っていましたが、湿度が高く日差しも強いのでプレーヤーの負担も大きそうです。



練習中のマネージャーの仕事としては普段とあまり変わらずノートやビデオを撮っていますが、日本に帰ってから疑問点を残さないようにより詳細に記録しています。現地のコーチとのコミュニケーションは難しいですが、チームにとっても私個人としても非常に貴重な経験なので無駄にすることのないよう1日1日過ごしていきたいと思います。

 




 

3年生[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 井上 京香投稿日時:2018/01/22(月) 10:33

おはようございます。2年マネージャーの井上です。



今の3年生をトップとした新体制での部活が始まりました。

現在はオフ期間でミーティングも頻繁に行われています。シーズンに入り、試合も増えるとなかなか運営面に目を向けにくくなるので、今のうちに計画を立てて実行し、シーズン中には見直しが出来るようにしていきたいです。

自分自身は4月から3年生となりますが、数年前まではマネージャーとしては最高学年でした。自分にマネジメント全体を引っ張っていけるのかと考えるとまだまだ力不足です。幸い、あと1年は先輩の姿をみることが出来るので最高学年になった時のことを意識しながら主体的にマネジメントに参加していきたいと思います。



ちなみに今日は雪の予報が出ており、寒さも厳しいです。インフルエンザなども流行っていますが、この体づくりの時期に体調を壊しては元も子もないので部活内に持ち込むことのないよう体調管理にも気をつけます。

シーズンの終わり[2017年度東工大ラグビー部ブログ]

 written by 井上 京香投稿日時:2017/11/20(月) 10:32

2年マネージャーの井上です。



今シーズンのリーグ戦は昨日をもって終了しました。敗戦から始まったリーグ戦でしたが最後二戦では上位校に勝利し、チームにとって来年の入れ替え戦出場がより現実的なものとなったように思います。 これから入るオフ期間では今のチームの状態をより良いものにして来シーズンにつなげなければなりません。トレーニング・運営活動など全員が意識を持って強化していく期間にしたいです。



 



さて、今年の試合も残り1試合となり今の4年生から3年生へと幹部が引き継がれていく時期でもあります。私も4年生までのマネージャーとしての活動の半分が終わろうとしていて来年には上級生になります。いろいろとやっていきたいことが頭の中にはありますが日々の忙しさに任せているとあっという間に残り2年間も終わってしまいます。選手が新たな練習を行いプレーのレベルを上げていくのと同じように、マネージャーも新しい仕事に常に挑戦して運営活動・マネジメントを進化させていきます。

メディカル[2017年度東工大ラグビー部ブログ]

 written by 井上 京香投稿日時:2017/10/04(水) 12:10

2年マネージャーの井上です。



 



今日はマネージャーの仕事のなかでもメディカル面について書きたいと思います。東工大は選手の数が多くない為、1人の怪我がチームに大きな影響を与えてしまうことを常々痛感します。私はチーム運営でメディカルの仕事を担当していて、チームがより万全の状態で試合に臨むために出来ることを考えています。しかし、ラグビーは危険なコンタクトスポーツであり怪我をゼロにするのは難しいことです。それでも選手の怪我の状況を常に把握し、監督や病院の先生とのコミュニケーションを促すことでその時々の状況でチームにとって最善の方針を決めるサポートは出来ると思います。



特にリーグ戦では試合の間隔が短く、迅速な対応が重要になります。勝利に直接的な貢献は出来ませんが、選手が試合で力を出し切るためのサポートをしていきます。

次へ>>

<< 2018年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

2018年5月

<<前月翌月>>
2018/05/18(金) 16:22
運営
2018/05/16(水) 22:30
2年生
2018/05/16(水) 16:25
春シーズン半ば
2018/05/07(月) 20:44
原点回帰
2018/05/07(月) 12:30
新年度
2018/05/04(金) 20:26
嬉しい出来事

ブログ最新記事