file_key_w.gifログイン tmp_icon_i_12.gifマイページ tmp_img259.gifレイアウト

ブログ 藤井 章子さんが書いた記事

次へ>>

残り2試合[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 藤井 章子投稿日時:2018/06/26(火) 00:34

4年マネージャーの藤井です。



春シーズンもそろそろ終わりを迎えます。オーストラリア遠征、数々の試合、てんてこもりの春でした。この調子だと夏合宿・リーグ戦も瞬く間に過ぎ去ることと思います。

更に言えば一つ上の代が引退した12月から数えると、もう幹部代が半分終わったことになります。何につけても時の流れは速いですね。そろそろ運営チームのリーダーを下の代に任せる頃です。



さて、終わってしまえば笑える話だが当時はとても苦しかったという思い出があります。私の場合は中学時代の部活がそれです。印象的なものを挙げると、クリスマスイブに先輩方から大規模(圧迫)ミーティングを受けるという聖なる思い出、今は字面だけで笑えるのですが当時は泣く程に辛かったです



そしてこの春シーズンもめちゃくちゃ苦しいです。今まで経験した春の中でダントツしんどいです。それは自分が責任ある立場になったり仕事量が増えたのも理由としてあるでしょうが、一番はまとめてざっくりと言うと「理想と現実の乖離に参った」という所です



私だけでなく各々が苦しさやもどかしさを抱えているシーズンだと思います。



怪我人はしっかりと回復と筋トレに努めてください。復帰と共にプレーで爆発しましょう

また試合でうまくいかない人も思いきってプレーしてほしいです。春の残り2試合はメンツが固定される秋の前の、自分を存分に活かすチャンスです

他、悩める人は沢山いると思うのですが、現状を嘆くよりも何か行動しろと偉い人が言っていました。それを背中で示すのがやはり4年でしょう



中学の思い出が何故今笑えるかというと、結局は苦難に打ち勝ち「辛かったけどこれで一体感強まったね」と、良い経験として昇華されたからです



だから秋に、最後に笑えるように、辛くとも今できることをやっていくのみです。

院生の力も存分に借りながらやっとこさ乗り越えている春ですが(本当に感謝しています)、残り2試合も頑張りましょう

新たな環境[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 藤井 章子投稿日時:2018/04/20(金) 19:22

4年マネージャーの藤井です。

4月も中ごろ、環境の変化にそろそろ慣れた…とはまだ言えないものです。
私の学科は研究室所属が遅かったこともあり、ようやくラボのデスク回りを整理できたかなという感じです。
研究室でこのブログを書いているのですが、デュアルディスプレイは素晴らしいですね。
余談ですが昨日留学生の女の先輩が「一緒に飲もう!」とプロテインを置いてくれました。本日は献上品としてザバスのシェイカーをプレゼントしたところです。

さて、研究室なのですが
好きな時間に入室でき、授業や単位に縛られず、自分の好きな文献を読め、興味ある分野の論文をゼミで紹介することができます。(ホワイト学科)
個人的にはようやくかという面持ちです。まるで新入生の頃のようなわくわく感、意識の高さを持てています。
年度末には卒論が待っていますが、今はまだ、何にも縛られず自由度の高い生活を送れています。
一週間後は地獄を見ている気はするのですが…


一方、ラグビー部の方は4年という幹部学年です。
部を引っ張っていく、責任ある立場としてプレッシャーを常に感じるところです。

双方の組織内で自分の立場はまるっきり違います。
それが上手く作用するように、互いが互いの息抜きとなれば理想です。

希望の研究室に所属できたことに感謝しつつ、勉学も怠らずに、しかしラグビー部でもマネージャー長としての責務をしっかり果たしたいと思います。

まずは日曜日のセブンス、緻密なマネジメントが求められます。
新歓も、新入生にラグビー部の魅力を伝えられるように誠意を尽くしたいと思います。


 

大自然に囲まれて[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 藤井 章子投稿日時:2018/03/20(火) 12:32

4年マネージャーの藤井です。

ただいま、東工大ラグビー部は創部80周年を記念してオーストラリア遠征を行っております。
東京との時差は一時間。なので時差ボケによる苦しみはなかったものの、慣れない飛行機・照りつける日差し(南半球は晩夏ですね)・和食が恋しい等、想定できることではありましたが、海外ならではの困難は待ち構えておりました。

しかし、コーディネータ―さんや現地のプロコーチのサポートのもと、素晴らしい練習を行えているとマネージャーの立場からも感じます。ただいま午後練に備える休憩時間ではありますが、マネージャーも現地のプロコーチの教えをすばやくシートやビデオにまとめようと休む間もなく働いてくれています。頼もしい限りです。

沢山の支えの中で迎えたこのオーストラリア遠征、何を持ち帰られるかがこの一年を占うといっても過言ではないでしょう。シーズンのスタート、素晴らしい遠征にして胸を張って帰国してきます。

コミュニケーション[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 藤井 章子投稿日時:2018/01/08(月) 21:50

2018年度東工大ラグビー部の副務を務めます、マネージャー長の藤井です。


いよいよ幹部代の年です。やっとかという思いもありつつ、ついに来てしまったという思いもあります。

思えばマネージャー職にもどかしさを感じてきた3年間でした。
「マネージャーの仕事は水くみじゃない。マネジメントだ」と監督から常に言われてきました。
おんぶにだっこの1年を脱した2年生以降は、情報係のマネージャーとして係の活動をどうしていこうかと考えてきたように思います。
しかし練習や筋トレで日々自分を追い込む選手達に対し、ラグビー知識も少なく練習のしんどさも実感できない私がどうやって選手達をマネジメント出来ようと常々思っていました。引け目を感じましたし、選手の立場に寄り添えないのに説得力はあるのかとも。

今もそれが解決されたわけではありません。しかし一つの解決策として「コミュニケーション」があるのではと思います。
昔はなんとなく分断の感があった選手とマネージャーですが、互いの幹部学年が一致してからは、双方の連携が今までより上手く取れたのではないかと思います。それはひとえに幹部同士でお互いに意見しやすくなったからではないかと。

今年はもっと係の活動内でコミュニケーションを取ってほしいと思います。4年のリーダーが積極性を見せてほしいですね。下級生の選手・マネージャーも臆せず意見していってほしいです。
マネジメントを意識せずとも、そういう場が達成されればそれがきっとマネジメントなのでしょう

部がより良い方向に進むには係の活動を含め、いろんなレベルでコミュニケーションの場を増やすのが大事なのではないかと考えています。マネージャーの立場としては色々考えるものがあります。
ただ時間は有限なのでなんでもかんでも話せばいいというものではありませんが。


部活に携わる恐らく人生で最後の一年、副務・マネージャー長としてハードワークしていきます。

玉川戦に関して[2017年度東工大ラグビー部ブログ]

 written by 藤井 章子投稿日時:2017/11/10(金) 10:40

3年マネージャーの藤井です。
 
リレー日記を書くというのは、部活を振り返る良い機会です。
それは練習や試合のことだけでなく、一年前のこの時期のこと、今自分の取り組んでいること、防衛大の帰りに一人食べたラーメン、自分はいかに部に貢献できているか等。様々なレベル・スパンの思考が過ります。みなさんも内省の時を持てているでしょうか。

さて、去年の玉川戦は特に思い出深いです。幸先よいトライから始まり、前半は1点差で折り返し。勝ちも見えるかというところでしかし後半から自力の差が出た印象です。
今年も防衛大の時と同様、最後までいかに粘り強く我慢できるかが勝負に関わるでしょう。楽な展開にはなり得ませんがその中でどれだけ上級生がチームを鼓舞できるか。自分はプレーでは何も寄与できないですがそれ以外のところで拘っていきたいです。
次へ>>

<< 2018年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

2018年7月

<<前月翌月>>
2018/07/19(木) 21:55
夏だなあ
2018/07/19(木) 15:13
2018/07/19(木) 12:00
未投稿
2018/07/17(火) 12:00
未投稿
2018/07/15(日) 12:00
未投稿
2018/07/13(金) 12:00
夏に向けて
2018/07/11(水) 22:30
サマーと思い出
2018/07/08(日) 23:54
シーズンの区切り
2018/07/04(水) 18:54
春シーズン
2018/07/02(月) 12:00

ブログ最新記事