ログイン マイページ レイアウト

ブログ 溝尾 航さんが書いた記事

次へ>>

フォローワーシップ[2020年度 リレー日記]

 written by 溝尾 航投稿日時:2020/05/10(日) 02:52

こんにちは、修士2年の溝尾です。院生のくせにまた登場してすみません、登校禁止くらって暇なんです(笑)



この間、「問いかけ続ける~世界最強のオールブラックスが受け継いできた15の行動規範~」を読み直しました。改めて読んでみると、とても良い本だなと思いました。「読めと言われて、仕方なく」という姿勢が以前はあったのかもしれない、と少し反省しつつ。暇を持て余している部員が居れば、読み直してみるのもオススメです。



さて、今回は僕の思う「フォローワーシップ」について語ってみようと思います。



僕は高校・大学生活でラグビーを通して多くの事を学びました。フォローワーシップもその一つです。



僕が思うフォローワーシップとは、「面倒くさがらないこと」だと思います。組織のために自分に何が出来るのか考えること、組織のために自分が出来る事を直ぐに実行すること。



One for All, All for One.

良い組織は、きっとメンバー全員がそういった意識を持っているんだと思います。



その点で言えば、以前の東工大は未熟だったなとも思います。「そもそも考える事を放棄して流されている人」や「口だけ達者で中々実行に移さない人」が大多数だったと、今になって振り返ればそう思います。チームルールである「進化」を本当に守ってた人はあんまり居なかったと思います。



しかし最近の東工大にはそういう意識を持つ人が少しずつですが増えてきたように感じます。



学力だけで言えば、東工大は3部どころか関東大学リーグ戦でトップだと思います。(東大一橋は対抗戦グループなので)そこをちゃんとラグビーに活かすことができれば、東工大は今より格段に強くなると思います。



また、東工大の強みの一つに「殆どの部員が修士課程に進学すること」があると思います。僕は既に東工大の選手登録は解除してしまいましたが、修士に進んでも東工大のプレイヤーとして続ける人も居ます。



僕もOBの立場としてではありますが、東工大ラグビー部のために何が出来るかを考えています。



個人的に、口うるさいOBはあまり好みではないし、そうなりたくはないですが、



残された東工大での生活の中で、日々の練習で手本となる背中を見せたり、お酒の席で相談に乗ってあげたり、後輩たちを上手くサポートしてあげられたらいいなと思います。





今後の仕事だったり現在のチームだったり、自分自身の活動にも、東工大ラグビー部で学んだ経験を活かしていきたいと思っています。



現在所属しているチームは正直言って東工大よりも危機的状況にあると思います(笑)中々人が集まらない状況で、リーグ戦途中も新規の仲間を集めつつ戦い、昨年挙げた勝利は1つのみでした。



それでもチームは存在価値があり、何としてでも存続・立て直させなければと思っています。精一杯サポートしてくれている人たちも数多く居るので、その人達の為にもなんとか役に立ちたいと思っています。



仕事もちゃんとやって、ラグビーもちゃんとやる。地域の子供達やラグビースクールのチビッコ達にとっての身近な憧れとなるようなチーム&プレイヤーになりたいです。



最後に、この大変な状況の中で頑張っている後輩たちへ。



全ての活動、このリレー日記にしても、同じことだと思います。ただ指示されたから仕方なくテキトーにこなすのではなく、自分がこの状況の中で、どうチームに貢献できるかを考えてみると良いと思います。

(口うるさいOBで、ごめんなさい。)

アコギ[2020年度 リレー日記]

 written by 溝尾 航投稿日時:2020/04/12(日) 21:53

こんにちは、お久しぶりです。



修士2年の溝尾です。



 



僕は今東工大ではプレーしておらず、地元藤沢(神奈川県)のクラブチームでプレーしています。東工大ラグビー部にはOBとして、平日など練習のお手伝いをしています。



 



新型コロナ感染症の影響で国公立大会も中止となり、部員の皆も大変なようですね。



僕も来春に大学院卒業予定なので、ちょうど今就職活動をしていて、その影響は大きいです。



 



就職活動をしていく中で、自分はラグビー部に入って良かったなと心から思っています。



学業以外で大学生活で一番力を入れたものはなんですか?



エントリーシートやWeb面接でこう質問された時は大体ラグビー部での経験を話しています。



 



新入生の皆さんにも、例えラグビー部に入らないとしても、後から振り返ったときに、自分に胸を張って「学生時代私はこれを頑張っていた」と言えるようなものを見つけて欲しいと思います。



 



さて、外出自粛の過ごし方ですが、自分は最近知人にアコギを貰ったので、ギターの練習を始めました(笑)



 



ラガーマンって殆どがBBQ好きだと勝手に思ってるんですが、友達とBBQするときにギター弾いて一緒に歌うのを目標に今は頑張っています(笑)

最終戦に向けて[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 溝尾 航投稿日時:2018/11/16(金) 13:52

こんにちは、4年の溝尾です。いよいよ最後のリレー日記が回ってきました。
2日後にはもう最終戦が始まっていると考えると、この4年間はとてもあっという間だったと感じます。

自分は高校でラグビーを始めました。強豪校ではありませんでしたが、自分たちで自由に戦術や練習を考える環境で、ラグビーの楽しさを学びました。
「ボールを持ったらまっすぐ走れ/セービング、タックル泥をかぶれ/たくましきインテリたれ」
ここでの経験が自分のラグビーのベースであり、大学でもラグビーを続ける原動力となりました。

しかし大学に入れば、楽しいだけではありませんでした。大学1・2年生の頃はケガに悩み、思いっきりプレイすることもできず、ラグビーが楽しくありませんでした。今も体には気をつけていて、オフの日の過ごし方、練習前後のケアには気を使っています。
自分たちの代になり、周りとの意識にギャップを感じたり、運営面で悩むこともありました。

しかしもう残された時間は少なく、タックル、パス、ひとつひとつを噛みしめてプレイしたいと思います。
また、大学でラグビーできる環境を支えてくれた家族には、感謝してもしきれないです。今までで一番成長した姿を試合で見せたいです。
最終戦、絶対に勝ちます。

チームの絆[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 溝尾 航投稿日時:2018/09/07(金) 18:43

こんにちは、4年の溝尾です。

 

今年の東工大は例年に比べて、練習に遅刻してきたり、欠席したりする選手が多かったです。

その原因は、もちろん責任感・人間性も一つではあると思いますが、一番は個人個人のモチベーションに差があるためであると思います。
 

ラグビーが好きかどうか。上手くなりたいかどうか。勝ちたいかどうか。

東工大に入学して、ラグビー部に入部した理由は人それぞれだと思いますが、

少なくとも今年は年間目標「2部入替戦出場」スローガン「Hard Work」を掲げています。

必ず全員が2部入替戦出場を目指して、Hard Workしなければいけません。

 

しかし、心の中では勝ちたいと思っていない人にとっては、結局それは難しいのかもしれないです。

 

そこで問われるのが、チームの絆だと思っています。

本気で勝ちたいと思って頑張っている人がチームにいたら、たとえ自分のためじゃなくても、その人のために頑張ろうと思えるかどうか。

そう思えるだけの信頼関係が今の東工大には足りないと思います。

 

One for All, All for One.

チームのために、どこまで本気になれるか。

リーグ戦を戦いながらでも、チームが成長していければと思います。

No Excuse[2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記]

 written by 溝尾 航投稿日時:2018/06/27(水) 11:23

こんにちは、4年の溝尾です。

 

この間、監督とお話ししてから、印象に残っている言葉があります。

自分の中でもまだまとまっていませんが、ここに書かせていただきます。

 

『ラグビーは

「出来る」か、「出来ない」かじゃない。

「勝つ」か、「負ける」かなんだ。』

 

ラグビーをしていく上で、勝つために何が必要かをまず第一に考えなくてはいけない、

最初から出来る範囲のことだけやっていては勝てないと思います。

 

これを聞いたとき、確かに東工大ラグビー部ではミーティングをしていても、出来るか出来ないかを前提に話す人が多いと思いました。
 

僕たちは2部入替戦出場を目標にやってます。

そのために自分たちに何が必要なのかを第一に考えるべきで、それが出来るか出来ないかはその後で考えることだと思います。

その上で今の状況では出来ないと思ったならば、打開策や、代替案を考える。

 

やりようはいくらでもあるのに、環境を言い訳にして、諦めていることが勿体ないと思います。
 

「言い訳」と言えば、この春にオーストラリア遠征でお世話になったアンドーさんがいるBond Universityや、タイさんがいるトヨタ自動車ヴェルブリッツのスローガンは「No Excuse」だったと思います。

この「No Excuse」の精神を東工大ラグビー部も持っていければ、もっと強くなれると思います。

次へ>>

<< 2020年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ