ログイン マイページ レイアウト

2020年度 リレー日記

<<前へ次へ>>

フォローワーシップ

 written by 溝尾 航 投稿日時:2020/05/10(日) 02:52

こんにちは、修士2年の溝尾です。院生のくせにまた登場してすみません、登校禁止くらって暇なんです(笑)



この間、「問いかけ続ける~世界最強のオールブラックスが受け継いできた15の行動規範~」を読み直しました。改めて読んでみると、とても良い本だなと思いました。「読めと言われて、仕方なく」という姿勢が以前はあったのかもしれない、と少し反省しつつ。暇を持て余している部員が居れば、読み直してみるのもオススメです。



さて、今回は僕の思う「フォローワーシップ」について語ってみようと思います。



僕は高校・大学生活でラグビーを通して多くの事を学びました。フォローワーシップもその一つです。



僕が思うフォローワーシップとは、「面倒くさがらないこと」だと思います。組織のために自分に何が出来るのか考えること、組織のために自分が出来る事を直ぐに実行すること。



One for All, All for One.

良い組織は、きっとメンバー全員がそういった意識を持っているんだと思います。



その点で言えば、以前の東工大は未熟だったなとも思います。「そもそも考える事を放棄して流されている人」や「口だけ達者で中々実行に移さない人」が大多数だったと、今になって振り返ればそう思います。チームルールである「進化」を本当に守ってた人はあんまり居なかったと思います。



しかし最近の東工大にはそういう意識を持つ人が少しずつですが増えてきたように感じます。



学力だけで言えば、東工大は3部どころか関東大学リーグ戦でトップだと思います。(東大一橋は対抗戦グループなので)そこをちゃんとラグビーに活かすことができれば、東工大は今より格段に強くなると思います。



また、東工大の強みの一つに「殆どの部員が修士課程に進学すること」があると思います。僕は既に東工大の選手登録は解除してしまいましたが、修士に進んでも東工大のプレイヤーとして続ける人も居ます。



僕もOBの立場としてではありますが、東工大ラグビー部のために何が出来るかを考えています。



個人的に、口うるさいOBはあまり好みではないし、そうなりたくはないですが、



残された東工大での生活の中で、日々の練習で手本となる背中を見せたり、お酒の席で相談に乗ってあげたり、後輩たちを上手くサポートしてあげられたらいいなと思います。





今後の仕事だったり現在のチームだったり、自分自身の活動にも、東工大ラグビー部で学んだ経験を活かしていきたいと思っています。



現在所属しているチームは正直言って東工大よりも危機的状況にあると思います(笑)中々人が集まらない状況で、リーグ戦途中も新規の仲間を集めつつ戦い、昨年挙げた勝利は1つのみでした。



それでもチームは存在価値があり、何としてでも存続・立て直させなければと思っています。精一杯サポートしてくれている人たちも数多く居るので、その人達の為にもなんとか役に立ちたいと思っています。



仕事もちゃんとやって、ラグビーもちゃんとやる。地域の子供達やラグビースクールのチビッコ達にとっての身近な憧れとなるようなチーム&プレイヤーになりたいです。



最後に、この大変な状況の中で頑張っている後輩たちへ。



全ての活動、このリレー日記にしても、同じことだと思います。ただ指示されたから仕方なくテキトーにこなすのではなく、自分がこの状況の中で、どうチームに貢献できるかを考えてみると良いと思います。

(口うるさいOBで、ごめんなさい。)

いつから8番をつけ始めたんだっけ?

 written by 飯田 翔悟 投稿日時:2020/05/09(土) 21:19

こんばんは。4年の飯田です。
自分がラグビーを始めたのは、中学生の時です。経験者が少ないスポーツであること、そして同じ塾に通っていた先輩が声をかけてくれたこと、そんな軽い気持ちで始めました。それまでラグビーのラの字も知りませんでした。始めは、体が大きかったこともあり、FWその中でも1列を組んでいました。それがいつの日からか中学2年生の途中くらいからウイングをやっていました。試合中のキッカーを務めていたこともあります。中学最後の試合、大きな大会で自分がタッチキックを蹴り、ボールがタッチを割らずに逆転トライを決められた。そんな苦い思い出もあります。

高校生になり、BKをもちろんやりたかった自分もいますが、なぜかFWのユニット練習にいる自分がいました。高校生では、本格的にスクラムを組み始めることもありみんなロックをまず始めに経験します。そして、ある日を境にAチームの練習に参加するようになり、高校1年生の5月、関東大会で控えではありますが、17番という1st ジャージをいただきました。宿舎で、ジャージの番号が見えるように写真を撮ったことを今でもよく覚えています。そして代が変わるにつれて、ポジションが被っている先輩、同期(同期は0人)が少ないという理由でNo.8を少しづつやっていくようになりました。ですが、練習中のADではセンター、セットプレーの時以外はBKラインに立つ、キッカーになるといったようなNo.8ではしないようなポジショニングや役割をこなすことも多かったです。

自分は、ラグビーにおいては、大きな大会や複数のポジションなど多くの経験をさせてもらってきたと思っています。それをどうチームに還元できるか、大学からの初心者に伝えられるか、先輩、後輩関係なく色々なことをみんなに伝えていけたらなと思います。そして何より、みんなにラグビー部に入ってよかったと思ってもらいたい。これから先どうなろうが、今年1年間の自分の目標です。

結局、何が言いたかったのか忘れてしまいました。あ、、、

早くみんなとラグビーがしたいです!

 
 

コミュニケーション

 written by 長濱 遥香 投稿日時:2020/05/06(水) 23:49

2年マネージャーの長濱です。

先日始まったオンライン授業も、始めは果たして集中して聴けるのかと心配でしたが、2年になり専門の科目が多くなったことで楽しく授業を受けられています。全員の顔を同時に見ながらの授業というのも、新鮮でなかなか面白いです。

昨日行われたFWのミーティングでは、年間目標として「コミュニケーション」があげられました。私はこれまでスポーツとは無縁の生活を送ってきたので、ゲームの前に戦略を立てたり、ゲーム中にコミュニケーションをとって動いたりということは全くしたことがありませんでした。というより、体育の授業でゲームをするのにも自分の動きだけで頭がいっぱいになってしまい、味方の位置もわからないので、とてもそんなことができる器用さは持ち合わせていません。

自分にはとても出来ないことだからかもしれませんが、スポーツで、時にはいくつかある決まった動きの中から最善のものを選択したり、時には自由に臨機応変に動いたりというのを見ると本当にかっこいいと感じます。特にラグビーというスポーツには、そのためにコミュニケーションが必要なのだとも思います。

コミュニケーションをより完結に、正確に意図が伝わるように行うためには、やはり高く同じレベルでラグビーを理解することが効果的だと感じます。しかし同じチームであっても、他人の理解度を測ることは難しいです。言葉にできないようなプレー中の感覚や、自分のラグビーの理解度を文章にして他の人に伝えることができたら、そしてそれを是非私にも教えていただけたら、どんなにいいだろうと思います。

自分の理解度が低いせいでマネージャーとしての仕事にも自信を持てなかったりと、途方に暮れることも少なくありません。ですが、たとえ今は上手く飲み込めなくても、ラグビーの知識を出来るだけ多く学んでいこうと思います。学問にも言えることかもしれませんが、点と点が線で繋がるように、小さな知識の積み重ねが理解に繋がる気がしています。

この状況がいつまで続くかわかりませんが、今ある時間を大切に過ごしていきたいと思います。でも本音は、先輩や同期、そして入部してくれた1年生に早く会いたいです!

徹夜はするな睡眠不足はいい仕事の敵

 written by 白石 慧 投稿日時:2020/05/01(金) 06:52

 4年の白石です。
 数日前、将来の道を分かつ様な衝撃的な事実が発覚してしまい、どの道に進むべきかと悩んで居ります。偉人が異口同音に言う様に、人生と言うものは山あり谷あり思惑通りには行かないものです。最終的には自分自身で答えを出さなくてはいけませんが、一人であれこれ悩んでいても埒が明かないと思い、人に相談する事にしました。気軽に相談に乗ってくれる心優しき人が身近に居ると言うのは、本当に有難い事です。そこで、ある先輩から素晴らしいお言葉を頂き一筋の光が見えたので、忘れぬ様に此処に記したいと思います。
 「留年は、飲み込んで、消化しろ」

 話は変わりますが、最近、自分のリレー日記を読み返しています。その時々に感じていた事が思い出され、懐かしさを感じると同時に忘れ掛けていた初心を再発見する事ができます。しかし、私が最も面白いと感じるのは、書いた覚えの無い様な言い回しや例えです。今では絶対に思い付かない様なユーモアが随所に有り、驚かされます。ユーモアの分からない人間に「真面目に書け」と更新する度に言われますが、やはり読み返した時にくすりと笑えるのが日記の醍醐味ではないかと思うのです。いつ読んでも似た様な文章では日記ではなく記録になってしまいます。真面目に不真面目に書いてこそ日記は日記たり得るのではないでしょうか。
 さて、本当に日記の様に、思い浮かぶが儘に書いてきましたが、そうは言ってもやはりこれは東工大ラグビー部のリレー日記です。幹部と言う身分もあり、そろそろラグビーやラグビー部についての所感を書かないとお叱りを賜りそうなので、久しぶりにラグビー部について個人的に思う所を書きたいと思います。

 我々は今、未曾有の災害の最中に居る訳ですが、自分たちの目標までの道のり、そして今の立ち位置を確認しなくてはなりません。目標は変わらなくても、取り巻く状況は目まぐるしく変わっているからです。
 今年の目標は「3部優勝」です。我々は今このゴールからどれ位の場所に居るのでしょうか。進んでいるのでしょうか、遅れているのでしょうか。
 秋のリーグ戦が行われると言う前提で、「優勝」と言うただ一点に絞るならば、今の状況は東工大にとってはアドバンテージではないかと考えています。昨年からメンバーがほぼ変わらない事、主将や副将がチーム内でリーダーとしての経験を積んでいる事、下級生が成長している事、昨年の幹部が部内に残っている事などが主な理由です。活動の自粛は3部全てのチームに共通しており、アタック・ディフェンス構築の遅れや体力低下はどのチームも免れない状況です。この状況下で、昨年のチームをほぼ再現できる事は非常に大きなアドバンテージになると思っています。
 以上の事から、我々が自粛期間にやるべき事は、体力をなるべく向上させる事、昨年試合に出ていない下級生に東工大の戦術を理解させ、昨年のチームを再現する事だと思います。状況が状況なだけに、やりたい事より出来る事をやらざるを得ませんが、前向きに捉えればやるべき事は沢山見えてきます。
 一番大事な事は、とにかく諦めない事、その一点に尽きると思います。私個人としても諸々の不安は有りますが、そんな事を考えても仕方がないので慌てずに淡々と、来る時に向けて準備をしたいと思います。

 過去最長のリレー日記になってしまいました。偉そうにユーモアがどうのこうの言いながら、後半にかけてユーモアに欠ける気がしますが、もう空が明るくなってしまったので、『ここらでやめてもいいコロナ』。小林旭で自動車ショー歌でした。それではさようなら。
 

1日24時間

 written by 新居 知紗 投稿日時:2020/04/27(月) 20:54

2年マネージャーの新居です。



早いもので4月も終わりを迎えようとしています。オンラインではありますが、大学の授業の始まりが近づき、少しずつ新学期の始まりが感じられる頃となってきました。



私自身はマイペースなこともあり、ゆっくりとした時間を送ること自体にあまり抵抗はありません。時間が許す限り寝ていたいと思うし、だらだらと人とおしゃべりする時間も楽しいと感じられます。ただここ最近過ごす毎日の中で、普段の勉強や部活にバイトと忙しい日々だからこそ、そういった時間に価値を見出せるのだと実感しています。1日のすべてが自由であるとなんだか退屈してしまいます。



1日の中でいかに生産性のある時間を増やすかがいま現在の自分自身の課題です。1日24時間という時間は誰にでも平等に与えられています。日頃から心に留めるようにしていますが、特にこの機会に意識するようになりました。やりたいこと全てができる状況ではないですが、やれること、逆に今しかできないこともあります。何もしないでいても同じように時が進んでいくことを覚え、自分の糧となる時間を過ごしたいと思います。



ラグビー部において活動を見直すきっかけにもなりました。いつも通りの春シーズンを送っていたら深くは考えなかったであろうことが数多くあります。どんな活動がチームのためになるか、何か新しくできることはないのか、自分がやるべきこと、マネージャーとしてできること、チーム全体としてのこと、口で言うのは簡単ですが、現状として自分自身が前に進んでいるのかと問えば疑問が残ります。それでも確実に月日は流れていきます。近い将来、ラグビー部の活動の中で活かせるときが来るように、また遠い将来振り返ったとき、人生の中で意味のある時間だったと思えるように今日を過ごそうと思います。



個人的な話ではありますが、2年生になり、専門に分かれた勉強が始まります。昨年とは内容も環境も変わることに不安もありますが、楽しみにしている部分も大きいので、新たな気持ちで取り組んでいきたいと思います。あまり変化のない毎日が続いていますが、刺激を受けることができそうで今の1番の楽しみです。



どうか一日も早く日常生活に戻れることを祈ります。みなさん元気にお過ごしください。



 

«前へ次へ»

<< 2020年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログテーマ