ログイン マイページ レイアウト

2020年度 リレー日記

<<前へ次へ>>

残り1ヶ月、去年以上に充実させたい

 written by 長濱 遥香 投稿日時:2020/11/16(月) 00:21

2年マネージャーの長濱です。



リーグ戦が始まり、今シーズンも集大成に近づいて来ています。春シーズンや新歓の予定が白紙になり先の見えない日々もありましたが、8月にはグラウンドでの練習も再開し、最近ではまた新たに1年生が入部しチームを活気づけてくれています。先日1年生のマネージャーも入部を決めてくれました。例年のような新歓のイベントも無い中、勇気を持って体験に来てくれたことを嬉しく、頼もしく思います。自分が入部した時の、緊張や楽しみな気持ちを思い出して、精一杯サポートしていけたらと考えています。



今シーズンの初めは、試合や練習の予定を立てては消えてという状態でした。4年の先輩方は、自分達はこうしたいという思いが強い学年だと感じているので、このような事態で活動の制限も多く、普通なら挫けそうにもなるかと思います。そんな中今出来ることを最大限に行いチームを導いて下さり、尊敬しています。zoomでのミーティングやトレーニングは、実際には会えない中でも相手の様子を確認しコミュニケーションを取ることができ、またそれがいかに大切かに気付く機会にもなりました。活動が再開されたときに自然な雰囲気で練習が行えたのは、このコミュニケーションのおかげだと感じています。私にとってはプレーヤー1人1人の考えを聞けたり、普段見る機会のあまりないトレーニングの様子を見れたりと多くのことを学ぶ機会となりました。



日曜日に行われる予定であった国際武道大戦は中止となり、今年度予定されている試合は残り2戦となってしまいました。頭では理解していても実感として受け止められていませんが、反省をして次に活かすという時間はもう残されていないからこそ、不測の事態に備えて万全な準備をしていかなければいけないと思っています。



こうして大学のグラウンドでの練習や練習試合、そしてリーグ戦を行えていることに感謝して、残り2戦、出来る限りのことをして臨みたいと思います。

近所の人に引きこもりニートだと思われてる。

 written by 白石 慧 投稿日時:2020/11/14(土) 23:16

こんばんは。4年の白石です。

コロナ禍一色の2020年も残すところあと一月半となりました。今まで体験したことのない様式の日々は正に矢の如く、なかなか慣れない私を置いて過ぎ去っていきました。世間や時代のうねりを乗りこなすのは難しいことなのだと実感しています。

さて、今年もリーグ戦の季節になりました。試合数は少ないものの、練習の成果を出す場が残されたことは本当に有り難いことです。

学部生としての最後のリーグ戦(※)を前に、自分はなぜラグビー部に入ったのかともう一度問い直してみました。つい先日の様な、入部した当時を思い返してみると、私は「人」を見て入部しました。当時は居心地の良さの様な直感でしか有りませんでしたが、今では掛け替えのない「人」との繋がりができ、直感を信じて良かったと心の底から思います。

私はラグビー部での「人」との繋がり、受けた恩を少しでも次のラグビー部に渡したいと思っています。合格発表の日に声をかけてくれたこと、たくさん奢ってくれたこと、話を聞いてくれたこと、ラグビーを1から教えてくれたこと、素人の自分に役目をくれたこと、全てが今の私を支える大恩です。全ては恐らく返しきれないですが、少しでもラグビー部に恩返し出来るように全力で闘いたいと思います。



最後に、後輩の皆、単位は取れる時に取っておけ。



(※)学部生として最後のリーグ戦と書きましたが、来年も学部生です。

ただやるのみ

 written by 新居 知紗 投稿日時:2020/11/14(土) 22:59

2年マネージャーの新居です。



段々と寒さが厳しくなり、秋も終わりに近づいていることを日々実感します。



先週初戦の東京都立大戦を迎え、リーグ戦が開幕しました。明日行われる予定であった国際武道大戦は中止となり、順位決定戦まで残すは駿河台大戦のみとなりました。



今日の練習では1年生マネージャーが入部してくれました。1年生のプレーヤーも新たに入部を決めてくれています。この状況の中で後輩ができたことを本当に嬉しく思います。入部してくれたことを後悔させないよう、共に充実した活動を行う事は今の自分の務めです。今晩はとても幸せな気持ちで眠りにつきたいと思います。



部活が再開されてからあっという間にリーグ戦期間に突入しました。思い返してみれば1年前には例年のようにリーグ戦が行えないことなど想像もしませんでした。逆に半年前には試合をできる未来がやってくるのかさえわからない状況にありました。ここまで過ごした期間で、試合に臨めることへの感謝を忘れてはいけないと身をもって学んでいます。だからと言ってやるべき事が変わるわけではありません。思い通りに活動できなかった期間を補うことはそう簡単ではありませんが、今年のチームの目標のため、そして私たち後輩は来年以降チームを繋いでいくために一人ひとりがそれぞれの役割を果たす必要があります。



チームに貢献したいという思いから今年はマネジメント面で上級生を支えられるようになりたいと考えていました。その思いが消えたわけではありませんが、心境に変化が生まれたなと感じています。物事を良い方向にという目的を考えたときに人に助けてもらうことが悪いことではないと思えるようになりました。今後チームで活動していく上で自分自身の中で大きな気付きになった気がします。



今シーズン残り1ヶ月、4年生に力を貸してもらえるだけ貸してもらいながら全てを吸収して、1年間で最も成長する時にします。

リーグ戦が始まりました

 written by 伊藤 史紘 [リーグ戦] 投稿日時:2020/11/14(土) 21:00

2年の伊藤史紘です。
先週のリーグ戦の初戦、苦しみながらもなんとか勝つことができました。
スクラムがゲームの流れを大きく決めるものだと改めて気づかされました。
そのスクラムで相手をボコボコにできるように強くなりたいというよりなります。

今年一年、新型コロナウイルスの影響で今までのような練習ができない状況の中、4年の先輩方が試行錯誤しながら練習メニューを考えてくれました。
その先輩方に感謝の気持ちを示すためにもこれからの試合、全力で体を張ってプレーをしたいと思います。

全力で

 written by 田中 智也 投稿日時:2020/11/06(金) 23:05

4年の田中です。



いよいよ明日リーグ戦が始まります。スタートが例年と違い、戸惑う場面もありましたが、今はそんな中でも楽しく活動できていることに幸せだなと感じます。



今年は4年という区切りの年となりました。やる気にむらっけがある自分ですが、決して悔いを残さないように常に全力でラグビーに向き合いたいと思います。



チームのみんなへ

まずは一試合ずつ、全力を尽くして闘おう!

«前へ次へ»

<< 2020年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年12月