ログイン マイページ レイアウト

2018年度東京工業大学ラグビー部リレー日記 2018/8/27

コミュニケーション

 written by 棚澤 未来 投稿日時:2018/08/27(月) 23:12


2年マネージャーの棚澤です。


今年の合宿は4泊5日と去年よりも短く、あっという間に終わってしまったように感じます。


さて、今年の合宿では私は主に栄養面で選手をサポートすることが多かったです。その中で感じたのは理想と現実は違うということです。理論的には体に良い効果があると言われている補食だとしても実際に選手の口に合うかどうかで試合や練習のパフォーマンスは大きく変わってきます。結局余計なことをするより試合でも慣れ親しんだドリンクをいつも通り入れたほうが選手のストレスが少ないというのも一理あると感じ、マネジメントの難しさを再認識しました。と同時に選手とマネージャーでのコミュニケーションの大切さも感じました。感想を何となくでも伝えてもらえるだけでマネージャーの想像だけでは気づかなかった新たな気付きがあると同時に今後の修正もしやすかったです。今回の合宿ではコミュニケーションがテーマになることが多かったように感じますが、選手間だけではなく選手とマネージャー間のコミュニケーションももっと増えると良いと思いました。


リーグ戦まで後一ヶ月もないですが試行錯誤をしながらも初戦で選手が最高のコンディションで試合に臨めるようサポートしていきたいと思います。


また、個人的には今回の合宿で車の運転ができず、役割分担を決める際にも運転ができないことで役割に制限があり、他のマネージャーさんにも迷惑をかけてしまったと感じています。来年の合宿では今年の分まで貢献できるよう来年までに沢山練習したいと思います。
 

初めての合宿

 written by 松永 葵 投稿日時:2018/08/27(月) 21:24

1年マネージャーの松永です。





わたしにとって、初めての合宿が終わりました。



いつもの活動以上に、たくさんの人、たくさんのことをフォローしてもらいました。

わからないこと、できないことがたくさんありました。このままではだめだ、と何度も思いました。



自分が、1年後、2年後、3年後…と経ったときに、あんな風にできるのか、と考えるだけで不安になりました。

ですが、これからはリーグ戦も始まり、足をひっぱらないように、自分もチームに貢献できるように、頑張らなければなりません。





今回の合宿の反省もふまえて、まずやらなければならないことがいくつかあります。



まずはラグビーのルールをきちんと覚えて、マネージャーの仕事がゲームでどう生かされているのかきちんと考えながら仕事ができるようにしたいです。練習をサポートするにしても、試合を分析するにしてもラグビーのことをわかっていないと不十分だと思いました。わからないことがあったら自分で調べたり、先輩や監督に聞いたりして覚えていきたいです。



また、もうひとつ、リーグ戦の期間を息切れせずに駆け抜けるため、自分自身体力を付けたいなと思っています。今回の合宿は、自己管理が不十分なところがあり、途中で少し体調をくずしてしまう場面がありました。これからはそのようにならないように、きちんと規則正しい生活をして、部活に精一杯打ち込めるように準備したいです。



まだ自分のことをやるだけでいっぱいいっぱいなのが残念ではありますが、できることからひとつひとつこなしていきたいです。

リーグ戦に向けて

投稿日時:2018/08/27(月) 17:49

4年マネージャーの藤井です。

昨日東京に帰ってきて、無事に最後の菅平合宿を終えました。合宿というものは始まってしまえばあっという間に終わってしまうもので、あの山並みやレタス畑、ダボスも見納めなのかと思うとしみじみします。

残念ながら個人的にはミスを犯してしまった合宿ですが、周りの協力のもとスケジュールを完遂できたと思います。合宿係やマネージャーが主体的に動いてくれたこと、またフロントの方の力添えもあり、情けなさと心強さを感じる5日間でした。

正直、今現在違う物事に追われていてゆっくりと合宿を振り返ることが出来ていません。現在進行形で胃が痛いです
マネジメントに関してはマネージャー達ががとても良いことを書いてくれたのでここは一つ合宿内の象徴的な言葉を…
「コミュニケーション」プレー中に限らず、チームで活動すること全てにおいて重要なことだと思います。
ちょうど一年前のこの頃は、幹部代になったら何々をしようとか話し合っていたように思いますが、今はもうリーグ戦の勝利に向けて突っ走るのみです。突っ走るといっても、その日々の中でもできることはたくさんあります。マネージャーは選手からこうしたらいいんじゃないかといった要望を聞きたいし、逆も然りです。
結局はこういった相互のコミュニケーションが、最後の勝利に近づくのではないかと信じています。

マネージャーの幹部代が4年になって、マネジメントは大きく変わりました。何のために4年まで続けるのか。結果を絶対に残したい秋のリーグ戦です。

当たり前

投稿日時:2018/08/27(月) 12:00

3年マネージャーの八嶋です。



昨日をもって、4泊5日の夏合宿が終了しました。

今年の合宿は例年よりも2日短いものでしたが、その中で出来る事をやり尽くし充実した気持ちで終わることができました。



合宿前の話になりますが、8月の初旬にある工場へインターンシップに行ってきました。工場内の同じ部署の中でも、現場で作業をする人がいる一方で、作業をしない工務という担当がありました。仕事内容としては、備品を切らさないように発注管理をしたり、作業現場を回って安全のための声かけをしたり、作業工程の中で危険な箇所や作業効率の悪い部分を見つけて修理をするといったものがあります。

印象に残っているのは、工務の方のお仕事のお手伝いをしている時に、「今苦労してやっていることの大半は他の人に気づいてもらえることは少ないんだよ」と言われたことです。それを聞いた時に、気づいてもらえないのはもったいない、こうも思いましたが、作業員の方が当たり前だと思っていることには実は工務の方の見えない働きかけがあって、作業する人がはっきりと分かるわけではなくても「何となくいつもより働きやすい」と思える環境を涼しい顔で作っている工務の方はすごくかっこいいなと思いました。自分の中では工務とマネージャーにはどこか通じるものがあり、マネージャーとして自分もこうあるべきだなと最近思います。



この合宿中、マネージャーは先々の準備のために選手のスケジュールよりも早めに動くことを意識していたので、選手と別行動をすることも多く、マネージャーは何をやっているんだ?ときっと思われることもあったかもしれません。時間的な余裕が少なくていっぱいいっぱいになり、準備不足が露呈してしまう場面もありましたが、自分の思い描くマネージャーに少しだけ近づけていればいいな、と思います。

これからリーグ戦が始まると、練習や試合が続いて選手マネージャー共に大変なことも増えると思います。基本的なことではありますが、勝つためには気持ち良くプレーできる環境を当たり前に作ることが一番大切だと思うので、自分が心の余裕を持つことで忙しくてもそのベースの部分を崩さないようにすることを目標に努力していきたいです。







 

<< 2018年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2018年8月

<<前月翌月>>
2018/08/31(金) 17:39
リーグ戦
2018/08/29(水) 12:00
残り時間
2018/08/27(月) 23:12
コミュニケーション
2018/08/27(月) 21:24
初めての合宿
2018/08/27(月) 17:49
リーグ戦に向けて
2018/08/27(月) 12:00
当たり前
2018/08/26(日) 21:41
準備と対応
2018/08/26(日) 15:55
最後の合宿
2018/08/25(土) 23:00
合宿4日目を終えて
2018/08/25(土) 16:02
合宿3日目を終えて
2018/08/25(土) 12:00
合宿係
2018/08/23(木) 20:56
ディフェンス
2018/08/23(木) 20:54
菅平合宿
2018/08/22(水) 22:16
合宿初日
2018/08/22(水) 22:04
合宿1日目
2018/08/22(水) 22:00
初日
2018/08/19(日) 21:00
合宿の目標
2018/08/16(木) 12:00
夏が早い
2018/08/14(火) 19:53
夏休み
2018/08/09(木) 12:01
もうすぐ合宿
2018/08/06(月) 08:56
シーズンに向けて
2018/08/03(金) 20:51
2回目のテスト

ブログテーマ