ログイン マイページ レイアウト

☆マネ日記☆

今日学んだこと その2

投稿日時:2006/07/23(日) 20:08

アミノ酸  BCAA

 

タンパク質(アミノ酸)が不足すると・・・

    疲れやすくなる

    筋肉が衰える

    皮膚のはりやつやが失われる

    貧血を起こす            etc

 

 

持久系スポーツのプレーヤーに必要な一日のタンパク質の量

    体重1kgあたり   1.2~1.4g

    体重70kgの場合 84~98g

 

この量のタンパク質を全て食事で補うにはかなりの食事をしなければなりません。そうするとハイカロリーな食事になってしまいます。 よって、プロテインなどを有効活用して下さい。

 

タンパク質は運動直後に吸収が非常に良くなるので、プロテインは運動直後に飲みましょう!!!

 

 

 

BCAA (Baranched Chain Amino Acid)について

 

BCAAとは、バリン・ロイシン・イソロイシンの、筋肉をつくる3つの必須アミノ酸のことです。

 

BCAAの性質   

   ・筋肉に最も多い

   ・乳酸を作らない   →乳酸の性質である疲れや脂肪分解の妨げを抑える

   ・筋肉のタンパク質を合成し、筋肉の分解を抑制  →筋肉の損傷をおさえ、筋肉痛を軽減

   ・脳の疲労をたまりにくくする   →集中力を維持

 

 

BCAAは運動時に最も必要なアミノ酸であり、その働きは摂取30分後にピークになります。したがって、運動の30分前にとることをすすめます。

 

BCAAは2000mg以上とるのが理想です。

一運動で4g以上のBCAAをとると、疲労感や筋肉痛軽減の体感が得られます。

 

 

また、BCAAには断続的運動のときにパフォーマンスを衰えにくくする効果もあります。

走り続けるマラソンと違って、ラグビーは急激に動いたり立ち止まったりを繰り返します。

BCAAはそんなときの着火剤の役割をはたします。

トラックバック一覧

<< 2020年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31