ログイン マイページ レイアウト

2022年度 リレー日記

余裕

投稿日時:2022/06/10(金) 20:59

こんにちは、3年の大池貫太です。



前回このリレー日記を書いたのは去年の11月半ばでした。その時は再来週の試合に復帰が間に合ったら頑張りますみたいな事書いたのですが、その試合に復帰が間に合ってないどころか半年以上経った今もまともにラグビーできていません。自分でもこんな事になるとは思っていなかったのでびっくりしています。



もう脳や体に異常はないのにラグビーができていないという現状が正直いまだに自分でもよく分かっていません。ただ、結構辛いです。今までの人生でこんなにもどかしい経験はしたことがありません。



今のチームになってから同期や後輩が試合に出ることが増えました。新しいポジションにコンバートされた同期が試行錯誤していたり、大学からラグビーを始めた後輩がもうA戦に出場して体を張ってプレーしていたりする中で自分は何もできていません。監督や先輩方は焦らなくていいよと励ましてくれます。でも、同期全員でこうやって部活にいられるのはあと1年半くらいしかないし、院生の先輩方とはあと少ししか一緒にラグビーできないし、いま四年の先輩方も後半年したらみんな揃う事はなかなかないし、と考えるとすごい焦りを感じてしまいます。焦ってもしょうがないのは自分でも分かっていますがどうしても心に余裕が持てません。



ここまでネガティヴなことばっか書いてしまっていますがこれでも最近少しマシになった方です。今年の2、3月自分は休部していたのですが、もう部活辞めようかなって思っていました。同期とかには心配されたくなくてあまり相談していませんでしたが、そのくらい気が滅入ってました。みんなが頑張ってる中自分が何もできないのが本当に悔しかったし、何よりもいつから復帰できるという明確な復帰プロセスが見えない事が1番の辛さの原因でした。もう引退までラグビーできないのかなって考えてしまい落ち込んでばっかの毎日でした。怪我じゃないからリハビリとかも何すればいいかよくわからないし、もうどうすればいいのかわかんなくていっそのこと辞めちゃおうかなって感じでした。



今でも復帰プロセスはあまり見えていないし、休部中と自分の状態はそんなに大きく変わっていません。この前の学芸大戦なんてタッチジャッジすらできませんでした。でも休部していた時よりは辛抱強く待ってみようかなって思えるようになってきました。監督や先輩など部のいろんな人が自分のことを気にかけてくれて励ましてくれるおかげで少しずつですが前を向けるようになってきた気がします。この調子で少しずつでもいいから復帰に近づけたらいいなと思います。また試合に出れる日を信じて、自分なりにのんびり頑張ります。

トラックバック一覧

<< 2022年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

この記事を書いたメンバー