ログイン マイページ レイアウト

2020年度 リレー日記

チョコレート

投稿日時:2020/04/15(水) 16:18

みなさんこんにちは、4年マネージャーの棚澤です。

中々外にも出られない時期ですが、みなさんどのようにお過ごしでしょうか。

私はこの時期に人生初胃腸炎になりました。家族で同じものを食べていたのになぜか私だけ発症しました。悔しいものです。

皆さん、鶏肉はしっかりと加熱してお召し上がりください。

 

さて話は変わりますが、みなさんチョコレートはお好きでしょうか。

私は自他ともに認めるチョコ好きなのですが、長年チョコを食べると肌荒れするという現象に悩まされていました。

「チョコレートを食べると肌荒れする」

「安いチョコだと肌荒れするけど高級チョコだと肌荒れしない」

このような都市伝説はチョコレート好きには大変受け入れがたいものです。

 

調べてみると実はチョコレート自体が肌荒れの原因になっているのではなく、

チョコレートに含まれる「植物油脂」が体や肌に良くない、ということらしいのです。

チョコレート界では油脂に関する成分表示がかなり厳しく、

ココアバター(カカオ豆由来の脂肪分)以外の油脂は全て植物油脂と表示しなければなりません。

植物油脂に含まれる油脂には質の悪いものも含まれており、

それが何らかの形で消化に負荷をかけてしまい体調不良や肌荒れの原因になる、ということでした。

高級チョコだと肌荒れしないというのは値段が高いチョコは油脂成分がココアバターのみで作られている可能性が高くて、肌荒れしづらいということかもしれません。

ということは、

植物油脂が含まれていないチョコレートだったら大丈夫なのでは??

ということで、
今回自分で実験してみることにしました!!

私は食べた物や体調がかなり肌に出やすい体質なので良い実験台になると思います。

 

詳しいことは省きますがいつも食べているチョコレートと植物油脂不使用のチョコレートを別日に同量食べました。

結果から言いますと、自分で実感できるほどに肌の調子が違いました!!

気持ち悪くなるほど食べたのですがとても喜ばしい結果になりました。(もちろん個人差はあると思います。)

チョコを食べたいけど肌荒れも気になるという方はぜひ植物油脂不使用チョコを選んでいただけたらなと思います。

 

さて、ここまでお伝えすると、じゃあ植物油脂不使用チョコってどんなものがあるの?という疑問が浮かぶと思います。

実はコンビニでチョコレート菓子を探しても植物油脂不使用のものはほぼありません。

植物油脂を使用した方が安価で口当たりの良いチョコレートが出来るらしいので、コンビニ価格だったらしょうがないのかもしれません。

その中で私がとてもおすすめのチョコレートがあります。それは明治の「ミルクチョコレート」です。
1枚100円前後という価格帯、どこにでも売っている利便性、その上植物油脂不使用、どこまでも企業努力を感じます。板チョコを買うときはガーナと明治でいつも悩んでいましたが、今後は明治一択です。
実は明治のチョコレートはその他のハイミルク、ホワイト、ブラック(ミルクより体に良さそうなのに…)には植物油脂が含まれています。やはりミルクチョコレートだけは別格なのかもしれません。
買うときには間違えずパッケージが茶色のミルクチョコレートを買いましょう。
ちなみに明治は他にも植物油脂不使用のチョコを出していて、「ザ・チョコレート」「チョコレート効果」も植物油脂不使用でした。

他にはコンビニで買えるという点では森永製菓の「カレ・ド・ショコラ」もオススメです。美味しいです。

ちなみに海外のチョコレートは植物油脂不使用のものが多くてカルディや成城石井で探して見つけては買ってみているのですが、海外のチョコは植物油脂が入っていない代わりに砂糖が大量に入っているものが多くて、ザ海外の味という感じがします。

 

なかなかこれ!といった商品に出会えないのですが今後も調査を続けたいと思います。

長々と失礼しました。これを機に皆さんがチョコレート好きになってくれたら嬉しいです。機会があればまた食レポをしたいと思います。

では次にまわします。

トラックバック一覧

<< 2020年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

この記事を書いたメンバー