file_key_w.gifログイン tmp_icon_i_12.gifマイページ tmp_img259.gifレイアウト

2017年度東工大ラグビー部ブログ

自己分析

投稿日時:2017/11/29(水) 17:00

こんにちは、2年マネージャーの八嶋です。

早いもので、もう師走がやって来ます。秋のシーズン中は、特に選手は他大学の試合分析など外を見ることが主でしたが、リーグが終わった今大事になるのは自チーム分析です。自分のことは自分が一番よく分かっていると思いますが、自分を分析する方が他者を分析するより難しいということもあります。なぜなら、自分の中では当たり前になっていることが多いからです。

私は授業の課題としてレポートを書くときや、自分の番が回ってきたときにこのブログを書くとき、何を書こうか、ああでもないこうでもないと一人でとても時間をかけて考えてしまいます。終わった後で、こんなに時間がかかっていたのかとため息をつき、自分の効率の悪さに呆れることが多いです。このように一人で考える自分自身の自己分析とは違って自チーム分析のいいところは、同じチームの一員とはいえ各個人にそれぞれの考え方があり、それをうまく共有できれば次々にその先が見えてくることだと思います。私個人の場合、同期のマネージャーにあれはどうかな?と相談をし、こうすればいいんじゃないかな?と言ってもらった時、自分が考えていなかったことに気づかせてもらえてすぐに納得できるということがよくあります。

シーズンが終わったこの期間では、今年1年間のチームについて普段の練習から運営までを全員で振り返り、また、選手の色々な声を聞きながらも、マネージャーとして選手とは違った目線でチームに提案をしていけたらと思います。